1.5Lエンジンなら維持費は安い?メルセデス・ベンツ Eクラス E200スポーツの維持費を徹底解説

W213 メルセデス・ベンツ Eクラス 後期

今回試乗したE200スポーツの車両本体価格は769万円。

このモデルを実際に乗るための諸費用や燃料代、保険料などは一体どれくらいかかるか調べてみました。

文・写真/萩原 文博

E200スポーツの車検費用は15万円前後の用意が必要

E200スポーツのディーラーでの車検費用を調べたところ、基本料金(車検基本点検料/24カ月点検、保安確認検査料、検査手続き料)が5万9,180円

法定費用(自賠責保険料、重量税、手数料・印紙代)が5万4,610円で合計11万3,780円でした。

消耗品の交換があったとして、15万円前後を用意しておけば問題ないでしょう。

ただし、新車購入時に「メルセデス・ケア」という保証プログラムに加入すれば、購入から3年間は定期点検費用や消耗品の交換費用が無料となるため、かなり費用を抑えることができるでしょう。

E200スポーツのオイル交換費用は1回あたり約2万円が必要

快適に乗るためには、日々のメンテナンスが欠かせません。メンテナンス費用で最もポピュラーなのがオイル交換です。

1.5Lガソリンエンジンを搭載しているE200スポーツは、1度のオイル交換で約6.6Lのオイルが必要となり、交換費用は工賃込みで約6,000円かかります。

推奨されているオイル交換のタイミングは、大体2万5,000kmが目安。

オイルフィルターの交換も必要ですが、エンジンオイル交換とオイルフィルター交換を同時に行えば約2万円が目安と言えるでしょう。

1.5Lというダウンサイジングエンジンを搭載し、優れた燃費性能も発揮しますが、使用燃料がハイオクガソリンのため燃料代はかなり高くなってしまいます。

エンジンオイルのライフは長くなっていますが、ブレーキパッドに加えてブレーキローターなども消耗品なので、車検の際に交換する必要があることは覚えておきましょう。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博