最新モデルだが充実度はイマイチ?!ジープレネゲードの安全装備をプロが解説

ジープ レネゲート

2015年にジープブランド初のコンパクトSUVとして登場したレネゲード。

エクステリアデザインは野性的なボディフォルムですが、都市型SUVとして安全装備も採用されています。

それでは、レネゲードに搭載されている安全装備をご紹介します。

文・写真/萩原 文博

Chapter
LaneSense車線逸脱警報プラス
前面衝突警報(クラッシュミティゲーション付)
アダプティブクルーズコントロール
ブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクション
Parkviewリアバックアップカメラ
ParkSenseリアパークアシスト

LaneSense車線逸脱警報プラス

搭載されたカメラによって車両と車線の位置を監視し、車両が車線の外側に出ている場合やドライバーが一定時間ステアリングホイールから手を離している場合、警告ランプやハンドルに振動を与えることでドライバーに注意喚起を行います。

一定時間反応がない場合、自動でハンドル補正を実行する機能です。

前面衝突警報(クラッシュミティゲーション付)

前方の車両に急接近しそうになった場合、音と表示で警告する機能です。

ドライバーが一定時間内に対応しないと再度警告を発信。

それでも衝突するおそれがある場合は、システムが自動的にブレーキを作動させ衝突被害を軽減させます。

<次のページに続く>
次ページ
アダプティブクルーズコントロール

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博
商品詳細