プロが徹底分析!!ソリオとソリオバンディットのエクステリア(外装)の違いとは

スズキ ソリオ バンディッド ハイブリッド MV

5人が乗れる広い室内空間と取り回しの良いボディサイズで人気の高いコンパクトハイトワゴン。

そのカテゴリーを開拓したのが、ソリオ/ソリオ バンディットです。

今回のフルモデルチェンジで外観デザインにどのような変化があったのかを解説します。

文・写真/萩原 文博

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博
Chapter
ソリオ/ソリオ バンディットはそれぞれ異なるフロントマスクをもつ
ソリオ/ソリオ バンディットのサイドビューは、動きのあるキャラクターラインを採用
ソリオ/ソリオ バンディットのリアビューは、ワイド感を強調したデザイン

ソリオ/ソリオ バンディットはそれぞれ異なるフロントマスクをもつ

ソリオは、エンジンフードの先端を先代より45mm上げることにより、フロント回りの厚みを増して、存在感のあるフロントマスクとしました。

最上級グレードのハイブリッドMZにはプロジェクター式LEDヘッドランプを採用

小型化を図りつつも、インナーレンズによって全体が光るポジションランプと組み合わせています。


ソリオ バンディットも、やはりエンジンフード先端が先代よりも25mm上がり、よりボクシーな存在感を増しています。

ポジションランプとヘッドランプを2段構えに配置した独特な形状のライトは、プロジェクター式LEDを採用。

ポジションランプにインナーレンズを用いているのも、ソリオと同様です。

またフロントグリルは立体感のある造形で、上質かつ個性のあるスタイルを追求しています。

ソリオ/ソリオ バンディットのサイドビューは、動きのあるキャラクターラインを採用

ソリオ/ソリオ バンディットのサイドビューは、先代よりも全長を延長したことに加えて動きのあるキャラクターラインを採用することにより、ダインナミックで伸びやかなイメージを演出しています。

ソリオのホイールサイズは、エントリーグレードのGは14インチ

ハイブリッド車は太さの異なるダブルスポークを採用した15 インチアルミホイールを標準装備


ソリオ バンディットは同じ15インチでも、切削2トーンカラーのアルミホイールで足元を引き締めています

<次のページに続く>
次ページ
ソリオ/ソリオ バンディットのリアビューは、ワイド感を強調したデザイン
商品詳細