スバル 4代目レガシィB4(BN9型)は多機能なインパネや収納スペースが満載!!

レガシィB4

今回は、スバル 4代目レガシィB4のインパネ機能についてご紹介します。

レガシィB4は2回目のフルモデルチェンジの際に追加された車種であるので、レガシィとしては6代目にあたりますが、レガシィB4としては4代目にあたります。

では、実際に4代目レガシィB4のインパネにはどのような機能があるのでしょうか。

スバル 4代目レガシィB4のラゲッジスペースはサブトランクも備えた大容量

スバル 4代目レガシィB4のラゲッジルームは525Lという大容量が確保されており、9インチのゴルフバッグを4つ載せることができるなど、多くの荷物を積載することができます。

また、リアシート(後席)は6:4分割可倒式トランクスルーを採用しています。これによりリアシート のバックレストを分割して倒すことができ、荷物の量に応じてラゲッジルームを自由に広げることができます。

そのため、大きさや長さを気にせず小型な物から大型の物までさまざまな荷物を載せることがで きるので、とても実用性が高く便利な機能となっています。

ラゲッジルームの下には、大型のサブトランクが設けられており、18Lの容量を確保した床下ス ペースとして採用されています。この大型のサブトランクは、荷物や汚れものを気にせずに収納できることが最大の特徴となっています。

スバル 4代目レガシィB4には多彩な装備が備え付けられており、中でもインパネ機能が充実していることがわかりました。

すでに生産終了してしまっている4代目レガシィB4ですが、中古車店に行けばまだ手に入れるこ とができます。気になる方は一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

※2021年4月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道