スバル 4代目レガシィB4(BN9型)の長所は?

レガシィB4

スバル レガシィB4は、1998年12月に登場したスバルのフラッグシップセダンです。

レガシィB4は2回目のフルモデルチェンジの際に追加された車種であるので、レガシィとしては6代目にあたりますが、レガシィB4としては4代目にあたります。

2014年10月に登場した4代目レガシィB4が2020年7月に生産終了となり、その歴史に終止符が打たれましたが、今なお人気のある1台です。

そんな4代目レガシィB4にはどのような長所があるのでしょうか?

Chapter
スバル 4代目レガシィB4の室内は快適に過ごせる装備が充実!
スバル 4代目レガシィB4は燃費性能も優れている
スバル 4代目レガシィB4にはスバル独自の先進安全機能EyeSightが装備されている

スバル 4代目レガシィB4の室内は快適に過ごせる装備が充実!

標準装備のステアリングヒーターは、作動から約10分で38度まで温まり、30分経過すれば自動的にオフになります。寒い日や寒冷地でも快適に過ごすことができるでしょう。

もちろん、運転席は標準でパワーシートとなっているため、ドライビングポジションを細かく調節し最適な姿勢で運転できます。

また、4代目レガシィB4ではフルオートエアコンが標準装備されていますが、センターコンソールにはリアシート(後席)用のエアコン吹き出し口が装備されています。

リアシートにも直接エアコンの風が行き渡り、夏場や冬場でも快適に過ごすことができるでしょう。

スバル 4代目レガシィB4は燃費性能も優れている

スバル 4代目レガシィB4の燃費はJC08モードで14.8km/Lです。駆動方式が4WD(4輪駆動)であることを考えれば、十分な燃費性能と言えるでしょう。

また燃料タンク容量が60Lもあるためカタログ燃費で計算すれば航続可能距離は888kmにも及びます。一回の給油でこれだけの距離を走れるのであれば、遠方へのドライブでも便利です。

燃費性能・燃料タンク容量、航続可能距離をライバル車種と比較してみましょう。

トヨタ マークX:10.6〜11.8km/L、71L、837.8km
マツダ アテンザ:16.6km/L、62L、1029.2km

4代目レガシィB4の燃費はアテンザには劣りますが、マークXを3km/Lも上回り、航続可能距離も長いことがわかります。

アテンザには燃費性能・燃料タンク容量ともに劣っていますが、4代目レガシィB4も4WDのセダンとしては十分な燃費数値を誇っており、優れた1台であると言えます。

<次のページに続く>
次ページ
スバル 4代目レガシィB4にはスバル独自の先進安全機能EyeSightが装備されている

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道