スバル 4代目レガシィB4(BN9型)は多機能なインパネや収納スペースが満載!!

レガシィB4

今回は、スバル 4代目レガシィB4のインパネ機能についてご紹介します。

レガシィB4は2回目のフルモデルチェンジの際に追加された車種であるので、レガシィとしては6代目にあたりますが、レガシィB4としては4代目にあたります。

では、実際に4代目レガシィB4のインパネにはどのような機能があるのでしょうか。

Chapter
スバル 4代目レガシィB4は多機能なインパネや快適装備を備えている
スバル 4代目レガシィB4のインパネは多彩な収納機能を備えている
スバル 4代目レガシィB4のラゲッジスペースはサブトランクも備えた大容量

スバル 4代目レガシィB4は多機能なインパネや快適装備を備えている

スバル 4代目レガシィB4のインパネには、快適な機能や装備が多く採用されています。

大型のマルチインフォメーションディスプレイ付きメーターは、立体的な造形と精密な文字盤になっており、とても見やすいだけでなくドライバーのスポーツマインドを駆り立てます。

また、中央には5インチの大型カラー液晶ディスプレイを内蔵しており、それによりアイサイト使用時の走行状態や警告表示のほか、ドライビングに関するさまざまな情報を表示してくれます。

さらに、乗り込んだ際はディスプレイ表示やサウンドによってドライバーを出迎えてくれる愛らしい機能となっています。

その他にも、ヒルホールド機能付き電動パーキングブレーキや左右独立温度調整機能付きフルオートエアコンという充実機能が搭載されています。

乗る人それぞれの好みの温度や体調に合わせて、運転席や助手席で別々の温度調整が可能となっています。

電動パーキングブレーキは、パーキングブレーキをスイッチひとつで作動解除できる機能となっています。この機能は、発進時にはアクセルを踏むだけで解除することができるので、坂道発進の歳でも便利な仕様となっています。

上り坂で停止した時は、自動的にパーキングブレーキが作動するヒルホールド機能を搭載しているので、とても便利かつ安全性も高くなっています。

スバル 4代目レガシィB4のインパネは多彩な収納機能を備えている

スバル 4代目レガシィB4のインパネにはブルー照明付きセンタートレイ&USB電源が装備されています。

ブルー照明付きセンタートレイ &USB電源には、収納できるスペースがあるだけでなく、暗い所でも出し入れできるようにオシャレなブルーライトが搭載されています。

他にも、フロアコンソールボックスが装備されています。フロアコンソールボックスには十分な収納容量が確保されており、コインホルダーとして使えるトレイも備え、とても便利な収納機能となっています。

また、収納機能だけでなくアームレストのクッションに厚みをもたせるなど、乗る人の快適性に配慮した仕様になっています。

<次のページに続く>
次ページ
スバル 4代目レガシィB4のラゲッジスペースはサブトランクも備えた大容量

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道|よしだ つねみち