スズキ 3代目MRワゴン(MF33S型)の長所を3つご紹介

MRワゴン

今回は、スズキ 3代目MRワゴン(MF33S型)の長所について紹介します。

頭文字の"MR"は"マジカル・リラックス"を意味しており、リラックスできる車内スペースを特徴のひとつとして、2011年から2016年まで発売されていました。

3代目MRワゴンの長所について、目立つ点、目立たない点を含めどんなものがあるのかを、具体的に掘り下げていきましょう。

スズキ 3代目MRワゴンの優れた実用性

スズキ 3代目MRワゴンは軽トールワゴンとして高い実用性を誇り、その点もこのクルマの大きな長所です。

3代目MRワゴンのボディサイズは全長3,395×全幅1,475×全高1,625mmで、特に全長と全幅は軽自動車枠いっぱいにとられています。

その中に室内長2,065mm、室内幅1,285mm、室内高 1,260mmというスペースが確保されており、外見からは想像もつかない開放感ある空間を実現させています。

車内は単に広いだけでなく、使い勝手に優れているという特徴もあり、3代目MRワゴンのルックスに惹かれてオーナーになった人も、実用性の高さに驚くかもしれません。

3代目MRワゴンには豊富なシートアレンジの機能も備わっており、リヤシート(後席)の可倒機能やリクライニング・前後スライド機能を駆使することで、いっそう便利に使いこなすことができます。

特にリヤシートが分割でアレンジできるのは嬉しいポイントで、乗車人数に応じ乗車スペースとラゲッジルーム(荷室)の広さを自在に調整できます。

ラゲッジルームのフロアにもなるリヤシートのシートバックにはフラップが付いており、リヤシート全体を前に倒したときに現れるラゲッジルームに段差を感じさせず、優れた積載性を可能にします。

また休憩時にはフルフラットモードにしてくつろぐことも可能で、多少凸凹があるものの柔らかなシート地に身を委ねて疲れをとることができます。

スズキ 3代目MRワゴンは、世代によって明確な顧客ターゲットに合わせた個性的なデザインが 特徴のひとつです。

また使い勝手に優れた軽トールワゴンとして、ボディタイプの特徴を活かした一台に仕上がっています。そのためコンパクトなボディに詰め込まれた実用性は高く、所有するクルマにこだわりを もちたい人には最適なモデルです。

3代目MRワゴンには、ここに書き切れなかった長所もまだまだ数多くあります。購入を考えている方はもちろん現時点で検討していない方も、一度中古車販売店に足を運んでみてはいかがで しょうか。

※2021年4月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道