スバル ステラ(5BA-LA150F/5BA-LA160F型)の長所は?

スバル 3代目ステラ

スバル ステラはスバル プレオの後継者として2006年6月登場し、現在では3代目ステラ(5BA-LA150F/5BA-LA160F型)が活躍しています。

3代目ステラは長所が数多くあるモデルに仕上がっており、どんな方にもおすすめできる1台となっています。

そんな3代目ステラにはどのような長所があるのでしょうか。

Chapter
スバル 3代目ステラにはゆとりある室内空間が!
スバル 3代目ステラの室内には収納機能が充実!
スバル 3代目ステラには充実の安全装備が!

スバル 3代目ステラにはゆとりある室内空間が!

スバル 3代目ステラには大人4人が乗ってもゆとりある室内空間が広がっています。

ステラの車格は全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,630mmですが、その室内には室内長2,080mm、室内幅1,320mm、室内高1,280mmの大きな室内空間が確保されています。

リアシート(後席)の足元には、フロントシート(前席)を後ろに引いた状態でも余裕があり、ゆったりと過ごせます。

また、リアシートにはロングスライド機能が備わっており、足元のスペースを広げることも可能です。リアシート背面のレバーからスライドができ、最大240mmものスライドを可能としています。

さらに、フロントドア、リアドアともに約90度まで開くことができ、乗り降りもスムーズに行えます。

スバル 3代目ステラの室内には収納機能が充実!

スバル 3代目ステラには広々とした室内空間に、多くの収納機能が備わっています。

まずはフロントシートから見ていきます。

フロントシートには、運転席・助手席カップホルダー、助手席オープントレイ、インパネセンタートレイ、グローブボックス、運転席サイドトレイ、ショッピングフック、インパネアンダートレイ、インパネロアポケット、ドアポケット、助手席シートアンダートレイ、フロントアームレストが収納機能として備わっています。

助手席オープントレイには箱ティッシュなどを、インパネセンタートレイ運転席サイドトレイにはスマートフォンや財布といった小物類を、インパネロアポケットにはCDなどを収納可能です。

助手席シートアンダートレイには靴を収納できるため、靴の履き替えが必要な際などに重宝しそうです。フロントアームレストはボックス付となっており、小物類の収納が可能です。

次にリアシートです。リアシートには、ドアポケット&ボトルホルダー、ショッピングフック、助手席シートバックポケットが収納機能として備わっています。

リアシートにもドリンクの収納スペースが備わっているのは非常に便利です。ドアポケットには小物類をはじめ、文庫本なども収納できます。助手席シートバックポケットは開口部が大きくなっており、雑誌なども収納可能です。

フロントシート、リアシートともにショッピングフックが備わっているのは嬉しいポイントです。食料品などの場合、置き方にも気を遣うため、フックに吊り下げられるというのは3代目ステラの大きな強みでしょう。

<次のページに続く>
次ページ
スバル 3代目ステラには充実の安全装備が!

吉田 恒道

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道