スバル 3代目ステラ(5BA-LA150F/5BA-LA160F型)の欠点は?

2014年12月にフルモデルチェンジを行い、現在では3代目となったスバル ステラ。

コンパクトなボディの中には広々としたインテリア(内装)が広がっており、誰が乗っても快適な1台となっています。

そんなスバル 3代目ステラ(5BA-LA150F/5BA-LA160F型)にはどのような欠点があるのでしょうか。

今回は3代目ステラの欠点を紹介します。

Chapter
スバル 3代目ステラのボディは軽量化されており、衝突安全性能が心配?
スバル 3代目ステラはラゲッジルームが小さい?
スバル 3代目ステラはシートヒーターが運転席にしかない?

スバル 3代目ステラのボディは軽量化されており、衝突安全性能が心配?

スバル 3代目ステラのボディは優れた走行性能を実現するため、軽量化されています。ボディが軽量化されていることで燃料効率は良くなりますが、その分、操縦安定性や衝突安全性能が低くなっているのではないか心配になる方も多いでしょう。

しかし、3代目ステラにはそのような心配は無用です。3代目ステラのボディは軽量化とともに、優れた操縦安定性と衝突安全性能も実現しています。

サスペンション取付点やサイドアウターなどの剛性を高めることで路面から伝わる振動を適度に逃がし、優れた操縦安定性となっています。

フロントサイドメンバーを高効率エネルギー吸収構造とするとともに、最適化・合理化を極めた骨格構造により、衝撃吸収性能の向上や強固なキャビンを実現しています。

国内及び欧州の衝突安全基準を余裕を持ってクリアしただけでなく、世界で実施されている厳しい試験法を取り入れた衝突実験でも十分な生存空間が確保されることが実証されています。

衝突実験では世界最高水準の前面フルラップ55km/h、前面オフセット64km/h、側面55km/h、後面55km/hのあらゆる角度からの衝突実験を実施しており、どの角度からの実験でも十分な生存空間を確保できています。

また、フードやフェンダー、ワイパーピポットなどのボディ各所に衝撃緩和装置・吸収スペースを設定しています。万一の際を考え、歩行者保護性能も高めたボディとなっています。

スバル 3代目ステラはラゲッジルームが小さい?

スバル 3代目ステラのリアゲートの開口部は、開口部高825mm、開口部幅1,030mmと大きく、荷物の積み下ろしも楽に行えますが、ラゲッジルーム(荷室)は通常時では奥行きがあまりなく、大きな荷物を積み込めません。

しかし、3代目ステラは多彩なシートアレンジができ、シート形状の工夫により大きな荷物の積み込みも可能です。

リアシート(後席)は前倒しが可能となっており、前倒しすることでフラットで広々としたラゲッジルームが出現します。リアシートはそれぞれ分割して前倒しすることができ、乗車人数や荷物の大きさに合わせてラゲッジルームの拡大ができます。

また、助手席を最大限後ろに倒すと、床面がフラットになります。そうすることで縦に長い空間が生まれ、長尺物も問題なく積み込めます。

通常時ではラゲッジルームが小さい3代目ステラですが、多彩なシートアレンジが可能となっており、ラゲッジルームが小さいことによる不便さを感じさせません。

スバル 3代目ステラはシートヒーターが運転席にしかない?

スバル 3代目ステラの運転席にはシートヒーターが備わっており、シートの座面をすぐに温めてくれ、寒い日や寒冷地でのドライブも快適です。

しかし、シートヒーターは運転席にしか備わっておらず、助手席やリアシートにはシートヒーターが装備されていません。そのため、助手席やリアシートはシート座面を温めることができず、寒い日のドライブは快適とは言えないかもしれません。

ただし、3代目ステラにはインパネにプッシュ式のオートエアコンが備わっており、室内の温度を快適に保てます。操作しやすいプッシュ式コントロールパネルが採用されていることで、運転中にも安心して操作できます。

オートエアコンによって室内の温度を快適に保てば、シートヒーターの備わっていない助手席やリアシートでも快適なドライブを楽しめます。

今回は、スバル 3代目ステラの欠点について紹介しました。

3代目ステラのラゲッジルームは通常時では小さいですが、多彩なシートアレンジが可能となっており、大きな荷物も問題なく積み込める抜群の使い勝手を誇っています。

軽量化されているボディも、あらゆる角度からの厳しい衝突実験で安全性が実証されており、安心して乗ることができます。

3代目ステラは使い勝手抜群の快適な1台であると言えそうです。

※ 2021年3月現在

PBKK

東京都港区北青山に本社を置く自動車業界を専門としたクリエイティブエージェンシー。複数の自動車メディアへのコンテンツ配信をおこなうほか、
自動車メーカーなどへ向けた動画コンテンツ制作、ウェブサイト制作、デジタルマーケティング支援などを一貫して行う。

PBKK