プジョー 308SW(3BA-T9WHN05/3DA-T9WYH01型)の乗り心地はいかに!?

今回はプジョー 2代目308SW(3BA-T9WHN05/3DA-T9WYH01型)の乗り心地について紹介します。

2代目308SWは、プジョーが販売するステーションワゴン車で、洗練されたデザインと抜群の使い勝手で大人気の1台です。

2代目308SWに詰め込まれたプジョーの最新技術は新しいドライビング体験を与え、オーナーの日常を輝かせるでしょう。

そんな2代目308SWの乗り心地はどうなのでしょうか。

Chapter
プジョー 2代目308SWのインパネは美しさと利便性が両立!
プジョー 2代目308SWは高性能な1.5Lクリーンディーゼルエンジンに注目!
プジョー 2代目308SWは充実の安全装備が運転をサポート!

プジョー 2代目308SWのインパネは美しさと利便性が両立!

プジョー 2代目308SWのインパネには、informative(豊富な情報)、innovative(革新性)、intuitive(直感的な操作)の3つのiをコンセプトにプジョーが描いたコックピットの未来像であるi-Cockpitが採用されています。

インパネには視認性を高めたデジタルヘッドアップインストルメントパネルや、ほとんどの操作系を集約した7インチタッチスクリーン、小径ステアリングホイール、優美な造形美を醸すワンピース構造のダッシュボードが備わっており、これらが一体となることで新たなドライビング体験をもたらします。

新採用のデジタルインストルメントパネルは、先進性の強調されたデザインと美しいデジタルグラフィックスでまとめられています。パネル内に表示されるコンテンツも速度や走行距離、ガソリン容量などを表示してくれる一般的なメーター表示だけでなく、多彩なモードが搭載されています。

多くの情報をわかりやすく表示するとともに視認性も向上しており、指先での直感的な操作にも対応しています。

7インチタッチスクリーンは車内のエアコン操作やマルチメディア再生に加え、スマートフォンをBluetooth接続でき、ハンズフリー通話にも対応しています。

さらに、USBポートにスマートフォンを接続すれば、Apple CarPlayやAndroid Autoも利用でき、スマートフォン内のマップやミュージック、電話などの機能を利用可能です。

小径ステアリングホイールは機敏なステアリングフィールを生み出す上、ステアリングスイッチでのハンズフリー通話の操作や、パドルシフトでのギア操作にも対応しています。

美しいデザインと使いやすい充実の機能を兼ね備え、極上のドライビング空間を実現しています。

プジョー 2代目308SWは高性能な1.5Lクリーンディーゼルエンジンに注目!

プジョー 2代目308SWには1.5Lクリーンディーゼルというプジョーが誇る高効率エンジンが用意されています。

プジョー先進のデジタル技術により開発された1.5L BlueHDiディーゼルは、ル・マン24時間耐久レースの覇者であるプジョー908から受け継いだ画期的な燃費システムや200以上もの特許技術が採用されています。

最高出力130ps/3,750rpm、最大トルク300Nm/1,750rpmで、低速域から沸き起こる力強いトルクによる爽快な加速性能と、高回転域でのパワーとレスポンスの良さにより、ガソリンエンジンに近いドライビングフィールを生み出します。

また、燃料効率や排気ガス処理の効率も大幅に向上し、欧州の2NOx(窒素酸化物)規制、EURO6.2もクリアしています。

この他にも、最新世代の8速オートマチックトランスミッション、EAT8を全モデルに搭載しています。EAT8は新設計による軽量コンパクト化と、シフトバイワイヤ技術で運転支援機能を進化させており、全速度域でエンジンのパフォーマンスを最大限に引き出します。

さらに、不要なアイドリングを抑制し、燃費向上に貢献するストップ&スタートシステムも採用されています。信号待ちの際にエンジンを自動で停止し、発進時に再始動します。

2代目 308SWには環境に配慮した高性能で高効率のエンジンが採用されており、燃費や環境への影響を気にすることなく、運転を楽しめるでしょう。

プジョー 2代目308SWは充実の安全装備が運転をサポート!

プジョー 2代目308SWにはアクティブセーフティブレーキアクティブブラインドスポットモニターシステムなどの、安心の安全装備が搭載されています。

アクティブセーフティブレーキは、前方の車両や障害物に対してドライバーが回避行動を取らない際に自動的にブレーキを作動させる機能です。約80km/h以下では停止車両を、約60km/h以下では歩行者を検知してブレーキを作動させる安心の機能です。

アクティブブラインドスポットモニターシステムは、斜め後方の死角に存在する後続車両を検知し、ドアミラー内の警告灯を点滅させて危険を知らせます。万が一、ドライバーが気づかずに車線を変更しようとした際には、ステアリングの反力で車線変更を抑制します。

この他にも、車線のはみ出しを抑制するレーンキープアシストや、前方車両との距離が近い場合に警告するディスタンスアラートなども装備されています。

これらの安全装備のもたらす安心感により、リラックスした状態で運転に集中できます。

今回はプジョー 2代目308SWの乗り心地について紹介しました。

2代目308SWには高級感があり、使い勝手抜群の室内空間と、高パフォーマンスで環境にも配慮したエンジンが搭載されていることがわかりました。さらに、充実の安全装備も備わっており、どんな方でも安心して運転できるでしょう。

2代目308SWは乗り心地抜群の1台と言えそうです。

※ 2021年2月現在

PBKK

東京都港区北青山に本社を置く自動車業界を専門としたクリエイティブエージェンシー。複数の自動車メディアへのコンテンツ配信をおこなうほか、
自動車メーカーなどへ向けた動画コンテンツ制作、ウェブサイト制作、デジタルマーケティング支援などを一貫して行う。

PBKK