プジョー 2代目308SWのグレードを徹底比較!車中泊でおすすめのグレードはこれだ!

プジョー 2代目308SW(3BA-T9WHN05/3DA-T9WYH01型)は、プジョー 308の優れたパフォーマンスとクオリティを持ちながら、広く機能的なラゲッジルーム(荷室)を備えた4ドアステーションワゴンタイプのクルマです。3つのグレードが用意されているので、それぞれどのような装備や機能が搭載されているのかをご紹介します。

Chapter
プジョー 2代目308 SW Allure【価格:322万円】
プジョー 2代目308 SW Allure BlueHDi【価格:343万3,000円】
プジョー 2代目308 SW GT BlueHDi【価格:370万円】

プジョー 2代目308 SW Allure【価格:322万円】

「SW Allure」はプジョー 308 SWのエントリーモデルとなっており、まずパワートレインでは、EAT8(8速エフィシェント・オートマチック・トランスミッション)が採用されており、エンジンは1.2L 直列3気筒DOHC ターボチャージャー付が搭載され、最高出力は96kW(130PS)/5,500rpm、最大トルクは230Nm/1,750rpmを発生し、駆動方式はFWD(前輪駆動)、燃費性能はWLTCモードで15.9km/Lとなっています。

エクステリアでは、インテリジェントハイビーム機能付きのフルLEDヘッドライトに、シーケンシャルインジケーターやフロントLEDフォグランプ、ルーフレールといった装備がされていいます。

インテリア(内装)では、新たに立体的なデジタルヘッドアップインストルメントパネルを採用し、7インチタッチスクリーンや、パドルシフト付きの革巻き小径スポーツステアリングホイールを合わせて総称するi-Cockpitが搭載されています。

シートにはテップレザー/ファブリック素材のスポーツシートが採用されており、リアシートは6:4分割可倒式となっています。そのほかには、自動防眩式ルームミラーに、照明付バニティーミラー、ラゲッジフックレールといった装備もされています。

安全性能においては、アクティブセーフティブレーキにアクティブクルーズコントロールといったブレーキ制御機能や、レーンキープアシストに、ESC(エレクトロニック・スタビリティ・コントロール)といったハンドル制御機能、ドライバーアテンションアラートにディスタンスアラート、タイヤ空気圧警告灯といったドライバーへの警告機能があります。

走行性能では、ヒルスタートアシスタンスにエレクトリックパーキングブレーキ、ワイドバックアイカメラにフロント&バックソナー、そのほかにも、スピードリミットインフォメーションといったサポート機能が多数搭載されています。

価格は322万円となっており、3グレードの中でもっとも安価に設定されています。

プジョー 2代目308 SW Allure BlueHDi【価格:343万3,000円】

「SW Allure BlueHDi」は、「SW Allure」と基本的な装備に変わりませんが、エンジンに1.5L 直列4気筒DOHC ターボチャージャー付(ディーゼル)が搭載され、最高出力は96kW(130PS)/3,750rpm、最大トルクは300Nm/1,750rpmを発生し、燃費性能はWLTCモードで17.6km/Lとなっています。

低速域から高回転域においてパワーとレスポンスの良さを発揮するので、ガソリンエンジンに近いドライブフィールを実現しています。さらに、燃費を向上させるために、燃焼システムの効率化やフリクションロスの低減を行い、クリーンテクノロジーにおいても、排気ガス処理の効率を大幅に向上させることに成功しています。

価格は343万3,000円となっており、「SW Allure」よりも21万3,000円高く設定されています。

プジョー 2代目308 SW GT BlueHDi【価格:370万円】

「SW GT BlueHDi」は最高グレードに位置付けられており、「SW Allure BlueHDi」にさらなる装備を加えたモデルとなっています。

エクステリア(外装)では、チェッカータイプのフロントグリルとリアアンダーガーニッシュに、サイドスカートが装備されており、そのほかにもブラックドアミラーへの変更や、サイドとリアにGTバッジのアクセサリーが装着されています。

ホイールは17インチアロイホイール BARILOCHEEへの変更され、オプションにはなりますが、唯一電動メッシュシェード付きのパノラミックガラスルーフを装備できます。

インテリアでは、シートやシフトブーツ、アームレストにフロアマット、そしてステアリングホイールにレッドステッチ加工されています。足元ではアルミペダルやフロントドアステップガードが採用されています。

安全性能においては、アクティブブラインドスポットモニターシステムとパークアシスト機能が追加され、走行性能では、アクティブなスポーツモードへと切り替わるドライバースポーツパックが搭載されています。

価格は370万円となっており、「SW Allure BlueHDi」よりも26万7,000円高く設定されています。

プジョー 2代目308SWは、グレード間の違いといった点でも、プジョー 308と同様の仕様になっているので比較がしやすいでしょう。車中泊に関しては、エントリーモデルの「SW Allure」でもしっかり対応してくれるでしょう。

また、今回ご紹介した基本グレード3台のほかにも、特別仕様車が2台用意してあり、そちらでは主にシート素材やアクセサリーの付与といったものがありるので、気になる方はチェックしてみてください。

※ 2021年2月現在

PBKK

東京都港区北青山に本社を置く自動車業界を専門としたクリエイティブエージェンシー。複数の自動車メディアへのコンテンツ配信をおこなうほか、
自動車メーカーなどへ向けた動画コンテンツ制作、ウェブサイト制作、デジタルマーケティング支援などを一貫して行う。

PBKK