ジープ 4代目グランドチェロキー(DBA-WK36T/DBA-WK36TA/DBA-WK36TA/ABA-WK64型)の4つのグレードを徹底比較!おすすめのグレードはこれだ!

ジープ 4代目グランドチェロキー

ジープ 4代目グランドチェロキー(DBA-WK36T/DBA-WK36TA/DBA-WK36TA/ABA-WK64型)は、力強さとラグジュアリーを融合させたプレミアムなSUVです。グレードが上がるごとに機能が追加されているので、それぞれのグレードの特徴を含めて紹介いたします。

Chapter
ジープ 4代目グランドチェロキー Laredo【価格:524万】
ジープ 4代目グランドチェロキー Limited【価格:639万~】
ジープ 4代目グランドチェロキー Summit 【価格:734万】
ジープ 4代目グランドチェロキー SRT8 【価格:885万】

ジープ 4代目グランドチェロキー Laredo【価格:524万】

「Laredo」はエントリーモデルであり、4つのグレードの中でもっとも価格を抑えています。

エンジンには、3.6Lペンタスター V型6気筒 DOHCエンジンエンジンを搭載しており、最高出力は213kW(290PS)/6,400rpm、最大トルクは347Nm(35.4kgm)/4,000rpmを発生します。駆動方式は4WD(四輪駆動)で、トランスミッションは電子制御式8速ATとなり、燃費性能はJC08モードで9.6km/Lになります。

エクステリア(外装)では、一体型のLEDデイタイム・ランニング・ライトにバイキセノンヘッドライトや、LEDフォグランプが装備されています。

インテリア(内装)では、メーター部には7インチマルチビュークラスターディスプレイを搭載しています。シートはフロント8ウェイパワーシート機構となっており、素材はファブリック仕様となっています。

安全性能では基本的な装備はされていますが、衝突回避機能やハンドル制御機能などはついていません。

走行性能では、悪路に適したセレクテレインシステムが搭載されており、価格は4つのグレードの中でもっとも安価な524万円です。

ジープ 4代目グランドチェロキー Limited【価格:639万~】

「Limited」はパワートレインは「Laredo」と共通していますが、クォドラリフトエアーサスペンションの装備選択が可能です。

エクステリアでは、フロントバンパーやドアハンドルがクローム仕上げとなっています。

インテリアでは、シートがレザー仕様に変更されており、シートヒーター(フロント/リア)や8ウェイパワーシートにメモリー機能が搭載されています。音響面では、アルパイン製プレミアムサウンドシステムが採用されており、スピーカーが9基と、サブウーハー1基が追加されています。

安全性能においては、アドバンストブレーキアシストにアダプティブクルーズコントロール、衝突回避機能に車線逸脱警報や、パークアシストといった機能が装備されます。

価格は639万円~となっており、「Laredo」よりも115万円高く設定されています。

<次のページに続く>
次ページ
ジープ 4代目グランドチェロキー Summit 【価格:734万】

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道