なぜV8エンジンは人々を魅了し続けるのか?

V8エンジンは、4気筒エンジンをクランク部分で2つつなげた構造で、大排気量をコンパクトに実現できるメリットがあります。パワーがあるだけでなく、その見た目も美しいということで多くのドライバーに愛されてきました。そんなV8エンジンがどのように誕生したのか、なぜ現在も人気があるのかなどをお伝えします。

Chapter
V8エンジンと言えばアメ車?
V8エンジンはフランス生まれ
フランスからアメリカへ
V8エンジンが愛される理由

V8エンジンと言えばアメ車?

1950年代以降、アメ車の多くはV8エンジンを搭載していました。日本やヨーロッパでは、高級車・高性能車でなければV8エンジンが載っていなかった時代に、アメ車は大衆車でもV8エンジンを搭載していました。

マッスルカーという言葉があるように、排気量の大きなエンジンを搭載したハイパフォーマンスカーといえばアメ車のイメージがある人も多いでしょう。

しかし、意外にもV8エンジンの起源はアメリカにはありません…。

V8エンジンはフランス生まれ

歴史上初となるV8エンジンは、1901年にフランスで誕生しました。

フランス人エンジニアが直列4気筒エンジンの気筒数を6つに増やそうとしたところ、直列方式ではクランクシャフトが長く、強度も足りなかったため上手くエンジンが回りませんでした。

そこで、エンジニアは直列4気筒を2つ合体させるというアイデアを思いつきました。こうして、世界初のV8エンジンが誕生したのです。ちなみに、世界初の自動車(蒸気自動車)もフランス陸軍大尉によって発明されていて、フランスは自動車の歴史と非常に縁のある国です。

フランスからアメリカへ

キャデラック エスカレード

フランスで生まれたV8エンジンは、船や飛行機など大きな馬力のエンジンを要する乗り物に採用されていきました。

市販自動車に採用されるのは、それから10年後の1910年のことで、フランスの自動車メーカー、ド・ディオン・ブートンが初めてV8エンジンを搭載したタイプCJを世に送り出しました。

アメリカでもV8エンジンを搭載した自動車が製造されるようになるのは、その4年後の1914年。当時の高級車、キャデラックです。

しかし、当時のV8エンジンは振動音が非常に大きく、快適な乗り心地が求められる高級車のキャデラックには致命的な問題となりました。後に、キャデラックは90度クランク方式を発明してこの問題を解決します。

キャデラック 新型エスカレードのインプレッション

V8エンジンが愛される理由

なぜV8エンジンに人は憧れるのでしょうか。まず、独特のエンジン音や走り心地などが一般的な理由として挙げられます。

しかし、機能だけではありません。V8エンジンには名車とともに歩んできた歴史があります。

たとえば、フェラーリにはV12が搭載されたモデルとV8エンジンが搭載されたモデルがあります。V12エンジンはフェラーリの創業当時から主要モデルに搭載されてきたエンジンですが、V8エンジン搭載モデルは1980年代からジャンルが確立されました。V8エンジンはフェラーリの新ジャンルを築くともに、名車とともに歩んできたエンジンとも言えます。

そのような、名車の立役者というようなポジションをV8エンジンが担ったのも人気の理由ではないでしょうか。

フェラーリV8エンジン・サウンド集