日産 4代目マーチ(K13/K13改型)の9つのグレードを徹底比較!おすすめはNISMOグレード!?

日産 マーチ

1982年の登場以来、日産 マーチは優れた実用性と手頃な価格設定から幅広い年齢層から支持を集めるヒット車種となりました。現在は初代から数えて4代目にあたる日産 4代目マーチ(K13/K13改型)となり、日産を代表するコンパクトカーの1つとして人気を集めています。

なかには専用エンジンが搭載され走行性能を向上させた「NISMO」や、クラシカルなエクステリア(外装)をまとった「ボレロ」など個性的なグレードも設定されています。

そんな4代目マーチにはどのようなグレードがラインナップされているのか、今回はその詳細を紹介していきます。

日産 4代目マーチ ボレロ【170万5,000円】

「ボレロ」は、レトロなエクステリアをまとったグレードです。

ボレロ専用装備として、エクステリアには、メッキモールやメッシュメッキグリルといった光沢加飾が散りばめられつつも、どこか懐かしい雰囲気を感じさせる仕上がりとなっています。

インテリアデザインも、専用本革巻3本スポーツステアリングをはじめ、専用センタークラスターフィニッシャー、シルバーフィニッシャー。フロントパワーウインドウスイッチベースを採用。さらに、「ボレロ」にはナチュラルグレーブラックの2種類の内装色が設定されています。

価格はナチュラルグレー、ブラックともに170万5,000円となっています。

日産 4代目マーチ NISMO【163万3,500円】

「NISMO」は、「XVセレクション」をベースにスポーティーさを演出するカスタムを加えたモデルです。

エクステリアではフロントバンパー、リアバンパー、サイドシルプロテクター、フロントグリルが専用形状に変更され、インテリアもレッドセンターマークとレッドステッチ付の専用本革巻3本スポークステアリングが奢られ、スポーツマインドくすぐる仕様となっています。

価格は163万3,500円で、ベースとなっている「XVセレクション」より14万8,500円高い価格設定となっています。

<次のページに続く>
次ページ
日産 4代目マーチ NISMO S【187万6,600円】

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道