レクサス 4代目RXシリーズ(AGL20W/AGL25W/GYL20W/GYL25W/GYL26W型)の7つのグレードを徹底比較!おすすめのハイブリッドグレードはこれだ!!

レクサス・4代目RXシリーズ

レクサスを代表するクロスオーバーSUVとしてラインナップされているレクサス 2代目RXシリーズ(AGL20W/AGL25W/GYL20W/GYL25W/GYL26W型)。

1998年に登場したレクサス 初代RXシリーズは北米でヒット車種となり、日本国内ではトヨタ 初代ハリアーとしてデビュー。

2003年にフルモデルチェンジした2代目RXシリーズも、国内ではハリアーの名前で販売が続けられました。

そして、2009年の3代目RXシリーズの登場に伴い、国内でもRXシリーズとして正式に販売を開始。

現在は2015年に登場した4代目RXシリーズとして販売が続けられています。

今回は、そんなレクサスRXシリーズの現在のグレードについて紹介していきます。

文・PBKK

レクサス 4代目RX450h"F SPORT"【価格:757万円~】

「RX450h」をベースに、走行性能を向上させたスポーツモデルが「RX450h"F SPORT"」です。

専用のエクステリアパーツに、NAVI・AI-AVS、パフォーマンスダンパー、さらに電動アクティブスタビライザーを装備し、「RX300"F SPORT"」より上質な走行性能を実現。その他にも"F SPORT"専用にブラック塗装されたドアミラーなど、通常とは違うグレードであることを主張するアイテムが各所に散りばめられています。

一方で、「RX450h」ではハイブリッドシステムが採用されたことで、トランスミッションは電気式無段変速機へと変更されています。下位グレードの「RX300」シリーズでは変速レスポンスやダイレクト感などに優れるとされる6速オートマチックが採用されており、乗り味やドライブフィールに差が出るポイントと言えるのではないでしょうか。

価格は2WDが757万円、4WDが783万円となり、「RX450h」に比べ2WDと4WDそれぞれ119万円高くなっています。

レクサス 4代目RX450h"version L"【価格:729万円~】

「RX450h"version L”」は、レクサス 4代目RX450hのなかでも快適性や走行性能を向上させた上級グレードです。

最適なサスペンション制御を実現するNAVI・AI-AVSをはじめ、インテリアではセカンドシートに電動リクライニング機能付パワーシートを採用。フロントシートにはランバーサポートと、より細かい姿勢制御を可能にした10Way調整式パワーシートが採用されています。

価格は2WDが729万円、4WDは756万円となり、ベースの「RX450h」から2WDと4WDそれぞれ91万円高額となっています。

<次のページに続く>
次ページ
レクサス 4代目RX450hL【価格:796万円】