トヨタ 新型ハリアーはどんな場面にも対応できる多彩なシートアレンジと快適装備が強み!

トヨタ 4代目新型ハリアーは、どんな場面にも対応できる多彩なシートアレンジと快適装備が強みの1つです。2020年6月17日にデビューし、グレードによってはすでに納車が半年待ちになってしまっているというほど、トヨタのSUVでは抜群に人気の高いハリアー。

エクステリア(外装)の洗練度やインテリア(内装)の質感自体も、もはや高級車であるレクサスと肩を並べるほどだと言われていますが、ユーティリティを意識したシートアレンジの豊富さや快適装備も見どころです。今回は、新型ハリアーのシートアレンジと快適装備について紹介します。

文・PBKK

Chapter
トヨタ 新型ハリアーの積載力も魅力!シートアレンジでラゲッジスペースが広がる!
トヨタ 新型ハリアーのフロントシートには実用的な機能が満載!
トヨタ 新型ハリアーのフロントシートに搭載される快適装備とは?

トヨタ 新型ハリアーの積載力も魅力!シートアレンジでラゲッジスペースが広がる!

新型ハリアーのリアシート(後部座席)は「6:4分割可倒式」を採用しています。それぞれ独立してシートを倒してたためるフォールダウンにより、段差のないフラットな状態を作り出せるため、さまざまなシーンに対応します。

たとえば、ラゲッジスペース(荷室)のみでは収納できるスペースの長さが足りないような荷物でも、リアシートの片側をフォールダウンさせることで積み込みが可能です。フォールダウンさせなかった側のシートはそのままなので、人の居住性も確保したままラゲッジ容量を増やすことができます。

また、リアシート両側をフォールダウンさせれば、車内の半分以上のスペースが荷室へと早変わりします。ラゲッジスペースから続く広大な空間が全て荷室として利用することができるでしょう。

なおシートをたたむ際は、リアシートバックのスイッチを操作してシートアレンジを行います。ワンタッチ式で力はほぼいりませんが、新型ハリアーのラゲッジスぺースに奥行きがあるためにラゲッジ側からだとスイッチが少し遠く感じるかもしれません。その場合は、サイドに回って後部座席横からスイッチを操作すれば問題ないでしょう。

トヨタ 新型ハリアーのフロントシートには実用的な機能が満載!

新型ハリアーの運転席には、オートスライドアウェイ機構が採用されています。これは、エンジンスイッチやパワースイッチのオンオフ、シートベルトの脱着をクルマ側で判断を行い、ドライバーが乗降するタイミングに、自動でシートの位置を変更する機能です。

乗車時のスライド位置は好みの位置に設定することができ、シートだけではなくステアリングにもオートチルトアウェイ&リターン機能が搭載されています。また、フロントシートには前後のスライド・リクライニング・シートの上下高さ・座面前端の上下を無段階の電動で調整する機構を搭載。

腰の部分を支えてくれるランバーサポート位置の調整も可能です。運転席は8ウェイ、助手席は4ウェイとなり、運転席のみ2名分のドライビングポジションを記憶しておくことができるポジションメモリー機能も備えています。

このポジションメモリーは、別途でT-コネクトを契約することにより音声で操作することもできます。なお、これらの装備は、グレードG及びLのレザーパッケージに標準装備となるので、他のグレードを選んで搭載したい場合は、オプションとして追加しましょう。

トヨタ 新型ハリアーのフロントシートに搭載される快適装備とは?

新型ハリアーのフロントシートは、快適温熱シート+シートベンチレーション機能を備えています。温熱シート、つまりシートヒーターは、温められたシートに座ることで真冬の寒い車内でも体を芯から温めてくれる快適装備の1つです。

新型ハリアーのみならず多くのクルマにもこの機能が採用されていますが、シートベンチレーションについては聞き慣れないという人もいるのではないでしょうか。

シートベンチレーションは、シートに蓄積した熱を吸いだして放出することで、シート表面の温度上昇を抑制して着座時の快適度をアップしてくれる機能です。最近では、主に革シートを搭載するモデルに採用されることが増えてきています。

基本的に長時間のドライブを行えば肩や腰に負担が掛かり、真夏に冷房を効かせた車内では、血流が悪くなる下半身が冷えやすくなってしまします。そこで活躍するのがシートヒーターとベンチレーションです。

身体の冷えやすい部分を温めつつ、背もたれと座面に風を送り込むことでシートの快適性を保ちます。さらに「ハイ」「ミッド」「ロー」の3段階で、強さを調節する機能も搭載しています。ちなみにこのヒートシーター及びベンチレーション機能は、グレードG及びLのレザーパッケージに標準装備されています。

新型ハリアーに採用されているシートアレンジと快適装備の数々は、1度味わってしまうと虜になってしまうような魅力を持っています。

質感や先進性を重視したために、SUVに求められる積載能力や居住性をある程度、犠牲にしたと言われている新型ハリアーですが、詳しく見てみると全くそのような部分は感じられません。これは、先代から受け継いだハリアーの完成度と、ポテンシャルの高さを裏付けているといっても過言ではないでしょう。

299万円から買える新型ハリアーを42分徹底解説!トヨタの誇るプレミアムSUV新型ハリアーについて開発主査の小島氏を迎え色々とインタビューしました!

新型ハリアーが2020年6月に登場しました。ハリアーと言えば、トヨタの誇るプレミアムSUVで、特に若い人に人気のあるSUVになっています。 今回の新型ハリアーは、TNGA(GA-Kプラットフォーム)を採用していて、走りや質感も格段に向上しています。調光パノラマルーフや前後録画機能が付いている「デジタルインナーミラー」など新しい装備も満載!大注目の新型ハリアーをモータージャーナリストの工藤さんと共に、解説していきます。ハリアーの開発主査である小島さんのインタビューもあります!是非、最後までご覧ください!