新型トヨタ ハリアーは高級感の中に実用的な荷室を備えている!

今回はトヨタ 新型ハリアーのラゲッジスペース(荷室)について紹介します。待望のフルモデルチェンジを迎えた新型ハリアー。エクステリア(外装)やパワートレーンが向上されていることはもちろんですが、気になるのは、SUVとしてのラゲッジスペースの使い心地ではないでしょうか。

新型ハリアーの広々としたラゲッジスペースには、居住空間に負けない程の便利な機能が備わっています。また、ラゲッジスペースの実用性をさらに向上させるオプションまで用意されています。

文・PBKK

Chapter
トヨタ 新型ハリアーがフルモデルチェンジで登場!4代目のハリアーはいかに?
トヨタ 新型ハリアーのラゲッジスペース容量は?
トヨタ 新型ハリアーのラゲッジスペースはシートアレンジで広がる?
トヨタ 新型ハリアーはハンズフリーパワーバックドアを搭載!
トヨタ 新型ハリアーのラゲッジスペースをアクセサリーで使い勝手をさらにアップ!

トヨタ 新型ハリアーがフルモデルチェンジで登場!4代目のハリアーはいかに?

トヨタの人気SUV、新型ハリアーが2020年6月17日に発売開始されました。高級感あふれるエクステリアが印象的で、切れ長のヘッドランプがさらに跳ね上げられたことで躍動感を増しています。都会派SUVとして長年絶大な人気を獲得してきたハリアーらしくモデルチェンジされています。

洗練されたエクステリアも魅力的ですが、インテリアにもおもてなしの心が詰め込まれた実用的な機能が装備されています。

トヨタ車では初採用となる「調光パノラマルーフ」は、新型ハリアーのラグジュアリーな車内をさらに快適にする装備です。フロントシートからリアシートの天井まで大きなガラスエリアとなっており、やわらかな光が車内を包み込みます。電動シェードになっているため、自動で開閉をすることが可能です。

また、パワートレーンも向上し、新たに「GA-Kプラットフォーム」を採用ボディの高剛性化や低重心が図られて、ドライバーがより運転を楽しむことができる走行性能を実現しています。さらに、安全装備も充実しており、トヨタの誇る予防安全パッケージ「トヨタセーフティーセンス」を搭載。

周囲の車両だけではなく、夜間の歩行者や昼間の自転車も検知し、衝突の可能性がある際に自動ブレーキをかける「プリクラッシュセーフティー」をはじめ、アクセルの踏み間違えによる衝突回避する「インテリジェントクリアランスソナー」など多彩に装備されています。

中でも注目されているのは、新型ハリアー初搭載となる「デジタルインナーミラー」です。フロントシートからはなかなか確認しづらい車両後方を映し出し確認できる機能です。録画機能もついているため、いざという時も安心でドライブレコーダーとしても活用できるのではないかと注目を浴びています。

ハリアー3代目は国内専用車でしたが、新型ハリアーは北米市場でも2代目ヴェルザが2020年中に販売される予定で、本格的なグローバルカーとして世界で活躍が期待されています。

トヨタ 新型ハリアーのラゲッジスペース容量は?

新型ハリアーのボディサイズは、全長4,740mm×全幅1,855mm×全高1,660mmとなっています。3代目ハリアーと比べてみると全長15mm、全幅20mm拡大し、全高は30mm低くなっています。

そのため、ボディサイズの変更に伴い室内のサイズもワイドに広がっています。新型ハリアーは室内長1,880mm×室内幅1,520mm×全高1,215mmとなり、3代目と比較すると室内長は85mm短くなり、室内幅は40mm拡大し、全高は5mm低くなっています。

よりクーペらしいシャープで流麗なスタイルへと近づいた新型ハリアーですが、スタイルのみならずラゲッジスペース容量もしっかと確保されています。

ラゲッジスペースは、収納の際に邪魔になる段差もなく、フラットな広々とした空間が広がっています。普段の日常で使用するだけでも便利なスペースが確保されていますが、2列目シートバックまでの奥行きもしっかり取られているので、ゴルフで利用する9.5インチのゴルフバッグを3つも積み込むことができます。

また、デッキボードにはスライド式のデッキボックスが装備されているので、折りたたみ傘やスニーカーなど常備しておきたい物を収納しておくことができます。さらに、デッキボックスの下にも収納スペースが設けられているので、いざという時に必要なジャッキなどのパンク修理用セットを収納することもできるでしょう。

トヨタ 新型ハリアーのラゲッジスペースはシートアレンジで広がる?

新型ハリアーは、通常サイズでも広々としたラゲッジスペースが魅力的ですが、シートアレンジで収納スペースをさらに広げることができます。新型ハリアーのリアシートは、6:4分割可倒式を採用しています。独立型のリアシートはそれぞれ自由にたたむことができるので、乗車人数や収納したい荷物に応じてシートアレンジを行うことができます。

例えば、片側シートをたたむことで車内の奥行きがさらに広がるので、サーフボードやラグマットなどの長さのある荷物が積み込むことができます。また、室内幅も十分にあるため、長さはもちろん大きさのある楽器もスムーズに収納することができるでしょう。

さらに、楽器を積み込んでも、なお、キャリーケースのような大きさのある物を収納できるスペースが確保されています。4人も乗車しながらも荷物をしっかりと収納できる積載力があります。

また、全てのシートをたたむと片側シートを畳んだ時以上に広大な収納スペースを作り出すことができます。2人乗車で旅行の際には、旅行カバンから旅先で購入したおみやげまで、多くのものを収納することができるでしょう。

トヨタ 新型ハリアーはハンズフリーパワーバックドアを搭載!

新型ハリアーのラゲッジスペースを使いこなすなら、忘れては行けないのがハンズフリーパワーバックドアです。

安全を確保するための挟み込み防止機能と、停止位置メモリー機能が付いているこの機能は、クルマのスマートキーを携帯しておくことで手を触れずにテールゲートを自動で開閉できる機能です。リヤバンパー下部に設置されたセンサーに検知されるように、足を出し入れするだけでゲートを操作可能。

買い物帰りなど両手が塞がっているような状態でも、手を触れることなくテールゲートを開け閉めできるので、楽に荷物をラゲッジスペースに積み込むことができます。非常に便利なこの機能ですが、グレードG以上に標準装備となっており、グレードSにおいてはオプションとして用意されています。

トヨタ 新型ハリアーのラゲッジスペースをアクセサリーで使い勝手をさらにアップ!

多くのオプションが用意されている新型ハリアーですが、もちろんラゲッジスペースの使い勝手を向上させるアクセサリーも用意されています。ロードバイクなどのアクティビティに使用した荷物を積み込んでも、ラゲッジスペースが汚れないようにしてくれるのがラゲージソフトトレイです。

これは撥水・防水機能を持っており、水に濡れている荷物でも汚れを気にせず積み込むことができます。さらに、水滴がデッキボードに落ちるのを防ぐ外周縁が付いており、滑り止め機能も備えています。

ラゲージ部に敷くことができるソフトトレイですが、リアシート部分に敷くためのソフトトレイも完備。リアシートを倒してラゲッジを拡大する際、リアシートバックが汚れたり濡れたりするのを防いでくれます。こちらにも滑り止め機能が付いているほか、材質自体が非常にソフトなので取り外しも簡単です。

また、荷物を多く積み込んだ際に重宝するのがトノカバーです。最近では標準装備しているモデルが少なくなっているトノカバーですが、新型ハリアーにはオプションとして用意されています。

トノカバーを使うことで、荷物を周囲から見られないように目隠しすることが可能。見られたくない荷物などのプライバシーを守ることができるようになります。

さらに、便利なオプションとしてアクセサリーコンセントが挙げられるでしょう。これは、ラゲージ右側にガソリン車/AC100V・100W、ハイブリッド車/AC100V・1500Wの電源が増設される装備であり、停電などが起きた際の非常電源として電化製品の利用を可能にするため、災害時の車中泊にも活躍しそうです。

新型ハリアーのラゲッジスペースについて紹介しました。新型ハリアーのラゲッジスペースは、そのままでも非常に高い積載力を持っています。日常的な買い物から、旅行、アクティビティに至るまで、どのようなシーンであっても荷物が積み込めなくて困るようなことはほぼ起こらないはずです。

そんなラゲッジスペースは、シートアレンジでさらに広げることができます。乗車人数や収納したい荷物に合わせて収納スペースを確保できるので、さまざまなシーンに対応します。

また、両手が荷物でふさがっている時に便利なパワーテールゲート機能も、ラゲッジスペースを活用する上でさらに使い勝手が増すのでおすすめです。さらにオプションやアクセサリーにてカスタマイズすれば、より対応が向上し、SUVとしての本領を発揮してくれるでしょう。

新型ハリアーは、洗練されたスタイリッシュなエクステリアや高級感あるインテリアが魅力ですが、実用性が詰まったラゲッジスペースも備えています。ぜひ試乗にて走行性能以外に、ラゲッジスペースや車内の使い勝手もチェックしてみてください。

299万円から買える新型ハリアーを42分徹底解説!トヨタの誇るプレミアムSUV新型ハリアーについて開発主査の小島氏を迎え色々とインタビューしました!

新型ハリアーが2020年6月に登場しました。ハリアーと言えば、トヨタの誇るプレミアムSUVで、特に若い人に人気のあるSUVになっています。 今回の新型ハリアーは、TNGA(GA-Kプラットフォーム)を採用していて、走りや質感も格段に向上しています。調光パノラマルーフや前後録画機能が付いている「デジタルインナーミラー」など新しい装備も満載!大注目の新型ハリアーをモータージャーナリストの工藤さんと共に、解説していきます。ハリアーの開発主査である小島さんのインタビューもあります!是非、最後までご覧ください!