スズキ 3代目 アルトラパン(HE33S型)の収納機能は利便性が抜群!

今回はスズキ アルトラパンの収納機能についてご紹介します。若い女性をターゲットとして開発されたラパンは、子供っぽくない可愛さをテーマにデザインされました。

シンプルに洗練されたインテリア(内装)は、見た目の可愛さだけではない実用性にあふれています。今回は、利便性に富んだアルトラパンの収納機能についてご紹介します。

文・PBKK

Chapter
スズキ アルトラパンの運転席周辺の収納機能
スズキ アルトラパンは助手席側にも豊富な収納を備えている
フロントシートで共有できるスズキ アルトラパンの収納
スズキ アルトラパンのリアシートの収納機能
ベース車よりも拡大したスズキ アルトラパンのラゲッジスペース
オプションを使ってスズキ アルトラパンのラゲッジスペースをカスタマイズしよう
スズキ アルトラパンはアクセサリーでアクティビティにも対応できる

スズキ アルトラパンの運転席周辺の収納機能

スズキの公式ホームページからも、収納機能にわざわざ項目を設けて紹介するほど、ラパンの収納機能は特筆すべき点であることが読み取れます。コクピット周辺の収納だけを見ても、5箇所に収納が設置されています。

まずは、運転席右側にあるドリンクホルダーです。一般的に円筒状になっていることが多いドリンクホルダーですが、ラパンのドリンクホルダーは四角い形になっています。

この形状になっている利点として、ペットボトルや缶だけではなく、パックのドリンクもしっかり保持することが可能である点が挙げられるでしょう。この形状のドリンクホルダーは珍しく、容器の形状を選ばないので非常に使い勝手が良くなっています。

さらに、ステアリングの下にも収納スペースが隠されています。インパネアンダートレイと呼ばれるこの収納は、高さこそないものの幅と奥行きがある設計となっているため、財布や携帯を入れておくのにもってこいのスペースです。車外からは見えにくい場所にあるため、ちょっとしたアメニティーを入れておくのもいいかもしれません。

スズキ アルトラパンは助手席側にも豊富な収納を備えている

運転席側だけではなく助手席側にもドリンクホルダーが用意されています。しかし、助手席側のドリンクホルダーは運転席側のモノとは異なり格納タイプとなっています。そのため、使っていない時はホルダー自体を収納できるので邪魔になることがありません。

もちろん、形状も運転席側ドリンクホルダーと同様、四角い形状なので使い勝手に差はありません。

また、助手席前方のインパネにも収納があり、引き出しのように使えるインパネボックスは、前述したドリンクホルダーのように格納タイプであるため、インテリアの統一感を崩さないデザインです。このインパネホルダーは比較的大きな収納空間を備えているため、ボックスティッシュほどの大きさのものなら余裕で飲み込んでしまいます。

案外、車内で置き場所に困るボックスティッシュを目隠ししながら入れておくことができるのは嬉しいポイントでしょう。さらに、インパネホルダー下には他の車種と同様グローブボックスが存在し、奥行きこそ形の都合上確保されていませんが、幅はそれなりにあるため車検証以外も収納することができます。

そして、センターロアトレイ左側には買い物袋やバッグを掛けておくことができるショッピングフックが設置されています。このショッピングフックも、ボタンを押すことで展開する構造となっているので、ドリンクホルダーやインパネホルダーのように、使っていない間邪魔になってしまうことがないような配慮がなされています。

買い物袋やバッグを運転席に置かなくて済むようになるうえ、ちょっとしたゴミ袋をひっかけておくような使い方ができるとても便利な機能となっています。

フロントシートで共有できるスズキ アルトラパンの収納

フロントシートで共有できる収納としてまず挙げられるのが、運転席と助手席の間に設置されるフロントアームレストです。このアームレストは、フタを開けると内部が小物入れになっており、運転席側から開くことができるようになっています。

中の底には段差が付けられているため、収納したい小物の大きさや種類によって分けておくことが可能。仕切りなどはたいためユーザーの工夫も試されますが、空間を効率的に使った収納だといえます。

さらに空間を有効活用した収納なら、両側ドアのサイドポケットも忘れてはいけません。ドリンクホルダーとは別に、ここにもボトルを収納可能なスペースが設けられています。

次に紹介するのはエアコンを操作するためのパネル下に装備されているセンターロアトレイです。ボックスも一緒に設置されており、運転席側・助手席側どちらからもアクセスは良好。手を伸ばしても、遠くて使いにくい!!ということはありません。

トレイにはスマホなどを置いておくのに便利な形状となっており、ボックスは小さめのポーチや小型のバッグほどのものなら問題なく収納できる容量を備えています。

実は、このボックスは2代目ラパンではフタ付きのボックスだったのですが、3代目ラパンへとモデルチェンジするにあたり、フタは取り払われています。女性オーナーの声を反映させ、より使いやすい形へ進化したラパンの存在意義を示す部分であるともいえるでしょう。

スズキ アルトラパンのリアシートの収納機能

アルトラパンは、リアシートにも多数の収納機能を備えています。助手席のシートバックにはシートバックポケットを装備。バッグなどを入れることは難しいですが、深さがあるポケットなので、読みかけの雑誌や地図を入れておくのにオススメのスペースです。

また、同じく助手席のシート背面にはフックも設置されています。リアシートに荷物を置く際、運転席から目が届きずらい場合でもフックにひっかけておくことで転倒を防止。小さなお子さんとお出かけするような時にはゴミ袋を一枚かけておく、という使い方にもピッタリなフックです。

そして、アルトラパンのリアドアにはフロントドアサイドと同じく、収納スペースがあります。アルトラパンのリアシート自体がフロントシートに比べて収納が少ないデザインとなっているため、まさにかゆい所に手が届く装備の一つでしょう。

リアドアのサイドポケットは、フロントシートのポケットとは違い仕切りがある構造になっているので、別のモノを分けて入れる使い方が可能となっています。

ベース車よりも拡大したスズキ アルトラパンのラゲッジスペース

続いて、アルトラパンのラゲッジスペースを見ていきましょう。アルトラパンのラゲッジスペースは高さ740mm×幅940mm×奥行き410mmとなっています。アルトラパンのべースとなっているアルトのラゲッジスペースの奥行きが370mmであることを考えれば、充分な容量が確保されているのが分かります。

さらに、アルトラパンのラゲッジスペースの特徴として、開口部下側とラゲッジルーム底部に段差がないことが挙げられます。この段差がないことで、荷物の積み下ろしも実にスムーズに行うことができ、積み込んだ荷物をそのまま引き出すように降ろすことができるため、身体に負担が掛かりにくい設計となっています。

また、アルトラパンのラゲッジスぺースは、シートアレンジによって更に広く拡大します。リアシートのみを倒した場合でも、ラゲッジの奥行きは1220mmへ延長。通常時に比べ、810mmも奥行きを広く拡張できます。

アルトラパンのリアシートは分割可倒式を採用しているので、独立して倒すことができます。片方だけ倒すことで、荷物を積み込みながら人も同時に乗せる、という使い方もできる使い勝手の良さが光ります。

オプションを使ってスズキ アルトラパンのラゲッジスペースをカスタマイズしよう

もともと使い勝手の良いデザインとなっているアルトラパンのラゲッジスペースですが、オプションを装着することで、より利便性が高いラゲッジスペースへ変化します。

ラゲッジスペースに敷くためのラゲッジマットは2種類。ラゲッジマットを装着することで、ラゲッジスペースを汚れ水濡れから守ってくれます。ソフトトレータイプのマットには、立体的なウサギのマークがロゴとして入れられているため、さりげなく可愛らしさをアピールすることもできるでしょう。

他にも、荷物の積み下ろしの際、リヤゲートメンバーをキズやスレから保護してくれるリヤゲートメンバーガーニッシュや、開いたテールゲートを楽に占めることができるようになるバックドアインナーハンドルが用意されています。

特に、バックドアインナーハンドルは背の高いSUVのテールゲートにも現在ではほとんど装着されている装備で、ボディに直接触れることなくテールゲートを閉められるようになるというメリットが多い装備です。

スズキ アルトラパンはアクセサリーでアクティビティにも対応できる

アルトラパンには、収納機能を更に便利なものにしてくれるアクセサリーが多数用意されています。助手席のシートバックにはフックが設置されていますが、更に収納を増やすマルチユースバッグもアクセサリーにラインナップ。

アルトラパンのアイコンであるウサギをモチーフとした形状となっており、持ち手の部分をヘッドレストにひっかけることでダストボックスとして利用できるほか、雑多な小物をとりあえず入れておくような使い方にも対応してくれます。

さらに、濡れた傘をそのままにしておきたくない方のために、アンブレラホルダーも用意。ヘッドレストに取り付けるか、シート下に固定することで急な雨の心配もなくなります。

また、アルトラパンでアクティビティを楽しみたいのなら、車外の収納を増やす各種ルーフラックがオススメです。

専用設計のルーフラックはフィッティングも抜群であり、通常のルーフラックからスノーボード4枚スキー板なら6枚を積載できるスキー&スノーボードアタッチメントから、サーフボード1枚を乗せることができるサーフボードアタッチメントまで、ウィンタースポーツやマリンスポーツを楽しみたい方向けの装備が揃っています。

女性目線でデザインされたアルトラパンのインテリアには、細かな気配りと使いやすさの工夫が詰まった様々な収納が設置されています。特徴的な箱形のエクステリアやインテリア自体の可愛らしさに目が行きがちですが、アルトラパンはその実用性も魅力の一つ。見た目にダマされていると、アルトラパンの収納機能の実力にきっと驚かされるはずです。