スズキ 3代目アルトラパンの欠点(デメリット)は10個もある!?こんなところが弱点だった!

画像9

今回はスズキ 3代目アルトラパン(DBA-HE33S)の欠点を紹介します。アルトラパンは、女性をターゲットにしたキュートでオシャレなクルマとして人気で、2019年6月のマイナーチェンジで全グレードの安全機能が大幅に進化しました。

マイナーチェンジ前にあった安全機能などの欠点がかなり改善されたのですが、それでも基本が同じため、以前からある不満な点が少し残ったままです。マイナーチェンジ後でも残る装備して欲しいもの、オプションとしてあって欲しいもの、もうちょっと考えて欲しいものなど残念に思うことをいくつかあげてみました。

文・PBKK

Chapter
1.スズキ 3代目アルトラパンは誤発進抑制機能にブレーキをかける機能がない!
2.スズキ 3代目アルトラパンはサイドエアバッグ・サイドカーテンエアバッグの設定がない!
3.スズキ 3代目アルトラパンはアダクティブクルーズコントロールが未搭載!
4.スズキ 3代目アルトラパンはLEDヘッドランプがない!
5.スズキ 3代目アルトラパンのドライバーズシートはホールド性に期待が望まれる!
6.スズキ 3代目アルトラパンはフロントの収納に問題がある?
7.スズキ 3代目アルトラパンはリアの床に出っ張りがあり動きづらい!
8.スズキ 3代目アルトラパンはリアシートにスライド機能がほしい!
9.スズキ 3代目アルトラパンはラゲッジルームに床下収納がない!
10.スズキ 3代目アルトラパンのリアゲートは少し問題あり!

1.スズキ 3代目アルトラパンは誤発進抑制機能にブレーキをかける機能がない!

アルトラパンの残念なところ、まず安全装備から見ていきましょう。

2015年3月にフルモデルチェンジし3代目をむかえたアルトラパンは、4年以上にわたりフルモデルチェンジ当時の安全装備のままでした。しかし、2019年6月のマイナーチェンジにより、「スズキセーフティーサポート」が導入され、全く新しい先進技術搭載の安全装備に変更されました。

標準装備されたのは、デュアルセンサーブレーキサポートや誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシスト、標識認識機能、後退時ブレーキサポート、後方誤発進抑制機能、リアパーキングセンサーとなり、ほぼ万全の安全装備といえるでしょう。

しかし、ひとつだけ残念なのは、誤発進抑制機能にブレーキ機能がないことです。誤発進した場合に警告でドライバーに注意喚起してくれるものの、最終的なブレーキ機能がありません。

急発進してしまったときに、警告だけですぐブレーキを踏むことができるかが問題。スズキセーフティーサポートの後方誤発進抑制機能にはブレーキ機能があるのに、誤発進抑制機能にブレーキ機能を搭載しなかったのか疑問が残るところです。

2.スズキ 3代目アルトラパンはサイドエアバッグ・サイドカーテンエアバッグの設定がない!

メーカーオプションを取り付けると、前後左右と死角を映し出す全方位モニターが設定されています。これは車体の前後左右に取り付けられたセンサーで上から俯瞰した映像を映し出し、的確なガイドラインと併せて安全正確な駐車をサポートする機能。縦列やバックでの駐車が苦手に人にはうれしい装備です。

しかし、横からの衝撃を軽減してくれるサイドエアバッグ・サイドカーテンエアバッグがオプションとしても設定されていません。思わぬ交通事故で、横からぶつけられたり、ぶつかった拍子に横から壁や木に衝突したりしてしまうことがあります。

軽自動車は、車内空間に余裕がないので、横からの受けた衝撃がすぐに伝わってしまう構造。サイドエアバッグ・サイドカーテンエアバッグのオプション設定に期待の声が集まります。

<次のページに続く>
次ページ
3.スズキ 3代目アルトラパンはアダクティブクルーズコントロールが未搭載!