レンジローバーイヴォークを評価!欠点まで徹底試乗レビュー!

ランドローバー・レンジローバー イヴォークR-DYNAMIC HSE P300 MHEV

※この記事には広告が含まれます

コンセプトカーの斬新な外観デザインを忠実に再現したクーペスタイルのSUVであるランドーローバー・レンジローバーイヴォーク。現行型は新開発のプラットフォームそしてマイルドハイブリッドシステムを採用する意欲作となっています。ここでは、現行型レンジローバーイヴォークを試乗して良い点や改善点などを紹介・解説しましょう。

文/写真・萩原文博

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博
Chapter
先代イヴォークよりも広く進化!車内も静かで音楽環境も快適!
イヴォークを買うにはグレードに注意!運転支援機能がないグレードも
ヴェラールとイヴォークあなたならどっちを選ぶ?
V8 4リッター並みのトルク!! 新型レンジローバー イヴォークを徹底レビュー!!【ランドローバー・レンジローバー イヴォークR-DYNAMIC HSE P300 MHEV】

先代イヴォークよりも広く進化!車内も静かで音楽環境も快適!

今回試乗したのは、レンジローバーイヴォークRダイナミックHSE P300。最高出力300PSを発生する2L直列4気筒ガソリンターボエンジンに48Vのマイルドハイブリッドシステムを搭載したレンジローバーイヴォークの最上級モデルです。
マッサージ機能付きのフロントシート
マトリックスLEDヘッドライト
固定式パノラミックルーフ
車両本体価格は816万円で、マッサージ機能付きのフロントシートをはじめ、マトリックスLEDヘッドライト、固定式パノラミックルーフなど総額200万円を超えるオプション装備を装着した乗り出し価格1000万円オーバーというクルマです。
ヴェラール
レンジローバースポーツ
レンジローバー
レンジローバー PHEV
レンジローバーシリーズには今回試乗したエントリーモデルのイヴォークをはじめ、ヴェラール、レンジローバースポーツ、レンジローバー、さらにはプラグインハイブリッド車を含めると5モデルがあります。

この中で最も新しいモデルがイヴォークですが、外観のデザインやインテリアの操作系などは2017年に導入されたヴェラールで採用された要素が受け継がれています。
ランドローバー ヴェラールのボディサイズは、全長:4,820mm x 全幅:1,930mm x 全高:1,675-1,685mm
ランドローバー イヴォークのボディサイズは、全長:4355mm×全幅:1900mm×全高:1660mm
ヴェラールは全長4820mmと全長4380mmのイヴォークより、440mmも長いのですが、新開発されたプラットフォームを採用したイヴォークの居住空間は先代と比べると大幅に改良され特にリアの居住性は十分確保されています。

ラゲージスペースも5人乗車時で591Lの荷室容量を確保しているため、十分満足できます。
イヴォークが進化したことで、ヴェラールの存在が危うく感じてしまうほどです。 イヴォークRダイナミックHSE P300に乗ると、まず軽快感を感じます。

車両重量は1950kgとコンパクトサイズのSUVとしてはかなりヘビーですが、最高出力300PS、最大トルク400Nmを発生する2L直列4気筒ガソリンターボエンジンはスムーズかつ静かに加速させます。運転していくうちに、感じてくるのが高い静粛性です。
MERIDIANサウンドシステム装着車を選ぶと、最大12個のスピーカーとデュアルチャンネルサブウーファーを備えた380Wのシステムが車内にきらびやかなサウンドを提供してくれる。
街乗り、高速道路と様々なシーンを走行しましたが、エンジン音が車内ほとんど侵入してきません。車内の会話明瞭度が高く、スピーカーから聞こえてくるオーディオのサウンドも低音から高音までしっかりと伝わってきます。

この静粛性はさすがプレミアムブランド!と感心してしまうレベルの高さです。 レンジローバーイヴォークはSUVながら、腰高感は一切感じません。それはインテリアの厚みのない水平基調のインパネによる効果もあります。さらにコーナリング時のクルマの傾きが非常に抑えられていることもそう感じさせる理由の一つでしょう。
また、SUVにありがちなフワフワとした乗り味による無駄な上下動も抑えられています。街乗りでも、高速道路でもこの無駄な動きが抑えられており、スッキリとした乗り味を実現しています。
悪路走行イメージ 写真:宮越孝政
オールテレインレスポンス2はインパネのボタンで操作する。
今回はオンロードしか走行していませんが、オールテレインレスポンス2をはじめとした電子デバイスが充実しているので、オフロードを走行しても、オンロードの快適性は一切スポイルされることはないでしょう。

まさに現行型レンジローバーイヴォークはレンジローバーブランドのどんな路面状況においても極上の乗り味を実現するという哲学が受け継がれているのです。

イヴォークを買うにはグレードに注意!運転支援機能がないグレードも

初代イヴォーク
現行イヴォーク
従来モデルでは、ロータリー式のシフトが採用されていましたが、現行型では通常の前後に動かすシフトノブに変更されているのは良いと思います。

左右に回すロータリー式だと、焦って操作すると後退したいのに前進してしまうということがあるからです。
アダプティブクルーズコントロールボタン
最も改善してもらいたいのは運転支援システムの充実度でしょう。車両本体価格761万円のRダイナミックHSEを選ばないとアダプティブクルーズコントロールが標準装備にならないというのは気になります。

たしかに車両本体価格472万円のエントリーモデルからオフロードでの走行安定性を高める機能や利便性を高める装備は充実しています。しかし、時速80kmまでしか作動しない衝突軽減ブレーキをはじめとした数項目の運転支援システムしか標準装備されていないというのは改善してもらいたいところです。

ヴェラールとイヴォークあなたならどっちを選ぶ?

今回試乗したクルマはオプション価格を含めると1000万円オーバーとなります。この価格だと上級モデルのヴェラールも手が届いてしまいます。そうなると、ここまで価格が高いグレードが必要なのかと考えてしまいそうです。
フルモデルチェンジによる世代交代した現行型レンジローバーイヴォークは、先代で指摘されたリアシートの居住性やラゲージスペースの広さを改善しています。また走行性能の質感も向上し、静粛性が高まっています。

しかし、運転支援システムが最上級グレードにならないと充実しないという改善点もありますし、上級モデルとの価格のクロスオーバーも気になるポイントです。選択肢が増えるとポジティブに考えることもできますが、悩みどころです。

V8 4リッター並みのトルク!! 新型レンジローバー イヴォークを徹底レビュー!!【ランドローバー・レンジローバー イヴォークR-DYNAMIC HSE P300 MHEV】

今回のランドローバー・レンジローバー イヴォークR-DYNAMIC HSE P300 MHEVの記事は、CARPRIMEチャンネルにて動画でお届けしています!ぜひ、チャンネル登録をお願いします!

商品詳細