三菱 2代目アウトランダーPHEV(PHEV5LA-GG3W)の乗り心地はいかに!?

今回は三菱 アウトランダーの乗り心地について紹介します。三菱 アウトランダーは、2005年10月にエアトレックの後継車として産声を上げました。比較的歴史の浅いクルマながら、モデルチェンジを重ねていくごとにその走行性や、快適性がパワーアップしていったことはもちろん、中でも乗り心地がかなり改善されたと高い評価を得ています。

では、現行車種であり、プラグインハイブリットモデルにあたる2代目 三菱 アウトランダーの乗り心地は、いったいどういったものになっているのでしょうか。

文・PBKK

Chapter
走行性能が改善された三菱 アウトランダーPHEV
充実した安全性能で乗り心地が良くなった!
内装がパワーアップしてより乗り心地が快適に!

走行性能が改善された三菱 アウトランダーPHEV

三菱 アウトランダーPHEVの乗り心地が良いとされている理由の一つが、走行性能の改善です。大容量バッテリー、高出力モーターに加えて2.4Lエンジンを採用したため、走行性能が大幅にパワーアップしました。

アウトランダー PHEVは前後のタイヤを別々の出力モーターで動かすことのできる4WDのクルマです。そのため、加速もスムーズになり乗っているときのストレスが軽減されています。

また、大容量の駆動用バッテリーがボディのフロアの下部分に搭載されています。バッテリーをできるだけ低い位置に置くことで、安定した操縦時の安定性も実現できています。

さらに、2.4LのMIVECエンジンを採用しています。そのためエンジン騒音を減らし走行時の静かさを可能にしました。走行性能の向上により、乗っているときの負担やストレスが軽減されて、乗り心地が良くなりました。

充実した安全性能で乗り心地が良くなった!

三菱 アウトランダーPHEVは、三菱e-Assistといったテクノロジーを採用しています。このテクノロジーは事故の危険をお知らせして、被害を回避・軽減・予防するためのアシストシステムのことです。

レーザーレーダーとカメラを使い、歩行者との距離感や前にいるクルマとの距離を監視してくれる衝突被害軽減ブレーキシステムがあります。もし衝突の危険がある距離感になると、ブザーや画面表示で注意喚起をして自動ブレーキを作動させることができます。

さらにオートマチックハイビームというシステムがあります。このシステムは対向車や周りの明るさを検知し、自動的にロービームとハイビームを切り替えてくれます。自動で切り替えることにより、切り替え忘れることがなくなり、遠方の視認性を高めることができます。

さらに、電波式のレーダーを使って先行車の加速・減速・停止を察知して、サポートしてくれるレーダークルーズコントロールシステムが採用されています。このシステムにより運転の負担やストレスを軽減してくれるため、乗り心地もよくなります。(S edition・Gpremium・G PlusPackage・Gに標準装備、G Limited Editionはメーカーオプション)

こういった安全性能が採用されることにより、運転時の不安や心配が軽減され乗り心地の良さにつながっています。

内装がパワーアップしてより乗り心地が快適に!

三菱 アウトランダーPHEVは十分乗り心地の良いクルマですが、さらに快適にするためにさまざまな工夫をしています。その中でもシートにとてもこだわっており、座った時の身体のホールド感が抜群です。さらに、触り心地も優れているダイヤキルティング本革シートがあります。(S Edition・G PremiumPackage専用)

また足元の快適性は、乗り心地に大きく関わっています。アウトランダーPHEV専用のフロアマットは毛足が長く足への負担を軽減することができるのでおすすめです。見た目も、カッコよく格子模様になっているため、車内の高級感のある雰囲気を演出が出来ます。

このフロアマットはPHEVであれば全グレード対応しています。収納スペースも広く設計されています。そのため、荷物が多くなっても座るスペースを減らす必要がありません。こういった工夫も乗り心地をよくしてくれています。

三菱アウトランダーPHEVは乗り心地がとても良いクルマです。さらにモデルチェンジを重ねていくことにより、走行性能や安全性能もどんどんパワーアップしています。

スムーズに加速することや事故の被害を軽減してくれるサポートもすべてクルマの乗り心地に大きく関係しています。クルマの重心を低くして安定性を高めることにより、クルマの揺れを小さくすることが実現できました。このように、パッと見た感だけでは気づきにくい工夫が三菱アウトランダーPHEVは施されています。

その努力のおかげで安定性のある快適な乗り心地を実現することができました。さらに乗り心地をよくするためのシートや、フロアマットも販売されているのでぜひ試してみてください。