三菱 アウトランダーPHEVの多彩なシートアレンジで車中泊!

三菱自動車のアウトランダーPHEVは、2013年に初代モデルが販売開始されてから進化を続け、現在も販売が続いている息の長いモデルです。マルチな機能を持つアウトランダーPHEVは、街乗りやレジャーなど様々なシーンで活躍しています。

プラグインハイブリッドのSUVモデルという理由だけで、収納力が高い、快適というわけではなく、利便性を追及した設計はシートアレンジにも及んでいます。今回は、アウトランダーのPHEVが持つ多彩なシートアレンジを紹介します。

文・PBKK

Chapter
シートアレンジが異なる!?
プラグインハイブリッド車のシートアレンジの種類は
車中泊は可能?
シートの調節範囲は実際どれくらい可能?

シートアレンジが異なる!?

アウトランダーPHEVシートアレンジ 1

三菱自動車では、アウトランダーでも見た目がほぼ変わらないガソリン車とPHEV車を販売しています。でも、同じに見えるアウトランダーでもシートアレンジが異なります。

まず、7人乗りで3列目シートまであるガソリン車では、1列目と2列目を大きく後ろ側へリクライニングさせること出来ます。シートがフラット化されたことで、アウトランダーの車内スペースを最大限まで活用できます。残念ながら、プラグインハイブリッド車は5人乗りのため、そのシートアレンジができません。

しかし、ガソリン車のアウトランダーとは異なり、プラグインハイブリッドモデルは3列目のシートがないため、2列目のシートを倒すだけで簡単に広大な収納スペースが出来上がります。シートアレンジが素早くしやすく、荷物が出し入れしやすいという利点があります。

気になる点は、2列目シートの座面が少し出っ張るため、全てが真っ平ということにはならないようです。この出っ張りをなくすには、ツールを使って座面を外すなどの手間が必要になります。

プラグインハイブリッド車のシートアレンジの種類は

アウトランダーPHEVシートアレンジ2

アウトランダーPHEVのシートアレンジは、主に4種類になります。乗車する人数によってアレンジ方法が異なります。

通常の5名乗車時
前席と後席のシートがすべて使用でき、倒しているシートが1つもない状態。
※ 2列目シートはスライド機能がありません

3名乗車時
2列目シートの左右(6:4)どちらかを前に倒した状態。前に倒す際は、座面を跳ね上げてからシートバック(背もたれ)を倒します。

2名乗車時
2列目シートを左右(6:4)両方倒した状態。3名乗車時と同じくシートを前に倒す際は、座面を跳ね上げてからシートバック(背もたれ)を両方とも倒します。

1列目フラットシート化
1列目のシート(運転席と助手席)を両方ともリクライニング機構を使ってフラットにすることが出来ます。フロントシートは最前方へスライドさせた状態にし、フロントシートのヘッドレストは両方とも取り外します。
※ 2列目シートはリクライニング出来ますが、フラット化は出来ません

車中泊は可能?

アウトランダーPHEV車中泊

アウトランダーサイズのSUVモデルなら、キャンプや旅行先で車中泊をしたいと思われる方も多いでしょう。実際、アウトランダーPHEVのシートをアレンジすることで、車中泊は可能なのでしょうか。

フルフラット状態の車内の寸法(2名乗車時の状態)
荷室長(最大):約1740mm
荷室幅(ホイール):約975mm
荷室幅(最大):約1305mm
荷室高(最大):約865mm

数値を見る限り、大柄な方がつま先まで真っすぐ身体を伸ばした状態で車中泊することは難しそうです。もし、どうしても車中泊を希望される場合は、工夫が必要になりそうです。他にも、複数名で車中泊したい場合は、2段ベッドなどのような設備があると可能になりそうです。

シートの調節範囲は実際どれくらい可能?

三菱 アウトランダーPHEV

1列目・2列目のシートが調節できる範囲はどれぐらいでしょう。手動調整式とパワーシートそれぞれの数値を簡単に紹介します。

1列目シート
手動調整式
前後スライド:調節量220mm、ピッチ / 段階は23段階で調整
リクライニング(標準位置から):調節量が前8°、後72°、ピッチ / 段階は前2°ずつで4段階、後も2°で36段階
ハイトアジャスター(運転席):調節量が45mm、ピッチ / 段階は無段調整式
ランバーサポート:運転席に電動式を追加

パワーシート
前後スライド220mm、無段調整式
リクライニング(標準位置から):前8°、後72°、無段調整式
ハイトアジャスター(運転席):調節量が45mm、ピッチ / 段階は無段調整式
ランバーサポート:運転席に電動式を追加

2列目シート
手動調整式
リクライニング(標準位置から):調節量が前8°、後8°、ピッチ / 段階は前後に2°ずつで4段階

運転席のみの設定もありますが、細かい調整が出来るようになっています。

アウトランダーPHEVは、プラグインハイブリッド車の中でも、便利なシートアレンジを持っています。7人乗れるガソリン車と比べると、さすがにアレンジ力は落ちますが、余裕のある室内スペースを上手く利用することで、素晴らしい空間を過ごせることになります。アウトランダーPHEVのシートアレンジは、少しの工夫で大きく活用できそうです。