【プロ解説】マツダロードスター(ND)のグレードの違いを徹底解説!!

マツダ ロードスター RS 萩原文博

ロードスターの現在のグレード編成は、5グレード構成となっています。ベーシックなグレードが「S」。ミドルグレードの「S Special Package」と「S Leather Package」の2グレード。最上級が「RS」。そして、モータースポーツ向けとして「NR-A」が用意されています。ベーシックなグレードほど装備が少ないのは常識ですが、ロードスターの場合、その差の多くは快適装備であって、走行や安全に関する基本的な差異は意外と小さいというのが特徴です。今回は、マツダロードスター(ND)のグレードの違いについて解説していきます。

Chapter
ロードスター(ND)のグレードの違いを解説(走り系)
ロードスター(ND)のグレードの違いを解説(快適装備系)
マツダロードスターRFのグレードの違いを解説。ロードスターRFのグレードの差は小さい?!
歴代マツダロードスターを土屋圭市と大井貴之が語り尽くす42分!
【試乗編】【マツダ ロードスター RS (ND)】4代目へと進化したロードスターの走りとは?! 試乗レビュー! PART 2
【解説編】【マツダ NDロードスターRS 】300万円台で買えるオープンカーの楽しさを解説!PART1

ロードスター(ND)のグレードの違いを解説(走り系)

マツダロードスターRS(ND)

マツダロードスターRS(ND)

マツダロードスターRS(ND)

走りの面で大きな差となる装備が、リヤスタビライザーとトルセン式スーパーLSD、大径ブレーキローター、ビルシュタイン製ダンパーでしょう。ベーシックな「S」グレードには、これらの装備がありません。

また、「S Special Package」と「S Leather Package」には、大径ブレーキローター、ビルシュタイン製ダンパーがありません。すべてを装備するのが、「RS」と「NR-A」となります。

ロードスター(ND)のグレードの違いを解説(快適装備系)

快適装備系での大きな差はマツダコネクトに必要な7インチのセンターディスプレイです。これは「S」と「NR-A」にはありません。また、「S」と「NR-A」には、人気オプションであるBOSEサウンドシステムを搭載することができません。

シートもグレードによって、大きく異なります。「S」と「S Special Package」、「NR-A」はベーシックなファブリック。「S Leather Package」はシートヒータ付きのレザー。「RS」はレカロ製のアルカンターラとナッパレザーのコンビで、こちらもヒートシーター付きとなります。

マツダ ロードスター (グレード:S)

快適装備と質感の高いインテリアが欲しいというのであれば、「S Leather Package」がおすすめ。走りの装備だけ充実していればいいという人は「NR-A」。どちらも最高が欲しいという人は「RS」。装備は、そこそこで十分という人が「S Special Package」。シンプルなのがいいというなら「S」がおすすめになります。

マツダロードスター(ND)には手動運転装置付車も用意される

ロードスター 手動運転装置付車(オプション(乗降用補助シート・旋回ノブ)装着車)

ロードスター RF 手動運転装置付車(オプション(乗降用補助シート・旋回ノブ)装着車) 

また、「S Special Package」と「S Leather Package」のAT車には、アクセルとブレーキを左手で操作できる「手動運転装置付車」が用意されています。足に障害を持つ人にも、走る歓びを提供しようというのがマツダの姿勢です。

<次のページに続く>
次ページ
マツダロードスターRFのグレードの違いを解説。ロードスターRFのグレードの差は小さい?!

鈴木 ケンイチ

モータージャーナリスト。新車紹介から人物取材、メカニカルなレポートまで幅広く対応。最近は新技術や環境関係に注目。年間3~4回の海外モーターショー取材を実施。レース経験あり。毎月1回のSA/PAの食べ歩き取材を10年ほど継続中。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員 自動車技術会会員 環境社会検定試験(ECO検定)

鈴木 ケンイチ