ダイハツ ミラトコットは初めての愛車にぴったりな軽自動車だ!

2018年にミラシリーズの新たな一員として登場したミラトコット。シンプルなデザインが特徴のこのクルマですが、その中身もシンプルなままなのか?ミライースとどう違うのか?本記事ではそんなミラトコットについて解説していきます。

文・西川 昇吾

Chapter
軽自動車の原点に立ち返った!?ダイハツ ミラトコットはどんなクルマ?
買うならどのグレードがオススメ?
機能美を追求したフォルム
ミライースとの比較
見積価格は約160万円!
ミラトコットはファーストカーにオススメの1台

軽自動車の原点に立ち返った!?ダイハツ ミラトコットはどんなクルマ?

ダイハツ ミラ トコット 2018

ミラトコットは「軽自動車の原点に立ち返った」という印象を受ける1台。近年、軽自動車で流行のスライドドアを装備するハイト系トールワゴンではなく、角ばったシンプルなエクステリアデザイン。ハイブリッドシステムなどを搭載しないパワートレイン。

そして、他の軽自動車と比べリーズナブルな価格設定など「軽自動車はこういうのでいいんだよ」と思わせてくれるモデルです。しかし、運転支援技術や各種安全装備が充実していて「現代の軽自動車のスタンダードはこうだ!」とダイハツが提案したモデルという捉え方もできるでしょう。

そんなミラトコットの充実した運転支援技術や安全装備ですが、まずトピックスとしてあげられるのが軽自動車として初装備した、パノラマモニターやサイド&カーテンシールドエアバッグなどです。またダイハツの運転支援技術であるスマートアシストⅢ。サポカーSワイドに対応するこの装備が、多くのグレードに標準装備されます。

ダイハツ ミラ トコット 2018

しかし、何と言っても実際に購入を検討するユーザーにとって、一番うれしいのは様々なカラーやスタイルが用意されていることでしょう。まずボディカラーですが、9色の標準カラーと、ルーフがアイボリー色のキャンバストップを備えた「デザインフィルムトップ」となるカラーが3色用意されます。

さらにアナザースタイルパッケージが用意されているのもミラトコットの大きな特徴の一つ。用意されているのはパールホワイトで彩った「スイートスタイル」。華やかな輝きと質感をまとった「エレガントスタイル」。ブラックをアクセントに都会的に彩った「クールスタイル」の3つが用意されます。

ベースとなるモデルがシンプルなデザインだからこそ方向性の違うスタイルが実現できたと言えるでしょう。

買うならどのグレードがオススメ?

ダイハツ ミラ トコット 2018

グレード形態は下から「L」「L “SA Ⅲ”」「X “SA Ⅲ”」「G“リミテッド SA Ⅲ”」「G“SA Ⅲ”」の5つ。「SA Ⅲ」スマートアシストⅢ搭載車に冠されるグレード名です。まず「L “SA Ⅲ”」「X “SA Ⅲ”」の大きな違いはデザインフィルムトップの選択できるかどうか。上級グレードの「X “SA Ⅲ”」はデザインフィルムトップが選べます。

そのほかにはメーターがホワイトメーターになり、メーターの液晶表示も見やすいものになります。その上の「G“リミテッド SA Ⅲ”」は駐車を手助けしてくれる軽自動車初の装備、コーナーセンサー(フロント4個/リヤ2個・接近お知らせ表示付)とパノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパックが標準装備となります。

それに加えてグッと快適装備やユーザーに嬉しい装備が充実するのがこのグレードの特徴。オートエアコンが標準装備、フロントガラスにIR&UVカットガラスを採用、フロント2座席にシートヒーターを装備、クリーンエアフィルターの装備などが挙げられます。

ダイハツ ミラトコット

トップグレード「G“SA Ⅲ”」は快適装備のグレードアップ版といったところで、より快適な室内環境を実現したといった印象。フロントのドアガラスにもIR&UVカットガラスを採用し、フロントガラスはスーパーUV&IRカットガラスになり、スーパークリーンフィルターが装備されます。

装備内容や金額的な面を考えると、新車購入でオススメのグレードは上から2つ目のグレード「G“リミテッド SA Ⅲ”」がおトクです

機能美を追求したフォルム

ダイハツ ミラトコット

エクステリア・インテリアともにシンプルなデザインのミラトコット。そのデザインは自動車としての基本的に必要とされているポイントを抑えている印象を受け、「機能美」を感じます。立てられたフロントガラスを持つエクステリアデザインは車両感覚をつかみやすく、狭い道のすれ違いや駐車をしやすくなっています。

ドライバーに優しいデザインはインテリアも同じ。水平基調のインパネは車体姿勢をつかみやすくなっています。さらにメーターやセンターコンソールはシンプルで視認性が高く、誰もが分かりやすく使いやすいインターフェイスと言えます。

ミライースとの比較

ダイハツ ミライース 2017

ベースとなったミライースとの違いですが、まず大きく違うのがそのコンセプトでしょう。ベースとなったミライースは2017年に登場しました。商用ニーズも考えられたモデルですので、下位グレードの装備はとても簡素。その結果、メーカー希望小売価格は90万円を切る低価格となっています。また燃費にも大きな差があります。

エンジンこそスペックの近いKF系エンジンを両車ともに搭載していますが、徹底した軽量化が行われているミライースはJC08モードで35.2km/Lという低燃費を記録。対するミラトコットは29.8km/Lとなっています。なお同等のグレードで比較した場合、ミライースの車両重量は650kgに対してミラトコットは720kgです。

ダイハツ ミライース 2017

またメカニカル面で共通と言えるのは車体骨格です。軽量高剛性ボディ「Dモノコック」を両車ともに採用。近年の自動車業界の流行とも言える共通プラットフォームを採用することで、低コスト化を実現しています。

ですが、やはり実際に購入を検討するユーザーにとって気になるのは装備面や内装の質感でしょう。ここら辺はやはりミラトコットの圧勝。もともと立ち位置が「商用車」としての一面を持つミライースに対して、「パーソナルカー」としての色が強いのがミラトコット。

質素な内装&装備を気にせず、単純な「足」としての需要ならばミライースに構わないかもしれませんが、ミラトコットと比べると運転席からの景色が味気なく感じてしまうのは事実です。

見積価格は約160万円!

ダイハツ ミラトコット

「低価格でオシャレな軽自動車」という印象を受けるミラトコットですが、実際に購入するとなるとどれくらいの金額になるのでしょうか?

筆者としてのオススメグレード「G“リミテッド SA Ⅲ”」をベースにオンライン見積もりをしてみました。カーナビとドライブレコーダー、フロアマットなどの最低限と思われるオプションを選択して、税込160万6,128円といったところ。これにそれぞれアナザースタイルパッケージを合わせるとプラス10万円といった具合になります。

※ 2020年3月末現在

ミラトコットはファーストカーにオススメの1台

ダイハツ ミラトコット

シンプルながらも遊びゴコロが溢れているミラトコット。経済性もさることながら自動車としての基本的な性能を磨き上げている印象を受けるこのモデルは、まさにファーストカーにオススメの1台とも言えます。

安全装備が充実している点や、運転しやすい設計もオススメできる理由です。これから新車で初めての愛車を購入しようという人や、久々にクルマが必要になったという人はミラトコットの実車をディーラーなどでチェックしてみてください。

西川 昇吾|にしかわ しょうご

1997年生まれ。富士スピードウェイ近隣で生まれ育ち、大学で自動車に関する学習をする傍ら、自動車ライターとしての活動を始める。過去にはコミュニティFMのモータースポーツコーナーにてレギュラー出演経験あり。「書くこと、喋ることで自動車やモータースポーツの面白さを伝える」ことを目標とし、様々なジャンルのライティングや企画に挑戦中。

西川 昇吾|にしかわ しょうご