ダイハツ ミライースの欠点(デメリット)は?

2017年にフルモデルチェンジを果たしたミライース。低燃費で低価格、先進の安全性能を装備と、至れりつくせりな感じの新型ミライースですが、欠点はあるのでしょうか?今回は、ミライースのちょっと気になった点をご紹介します。

文・PBKK

Chapter
燃費が少し悪くなった?
居住性が悪い?
パワーが少し足りない
価格が高い?

燃費が少し悪くなった?

新型ミライース 正面フリー画像

最近の軽自動車の燃費は昔に比べ驚くほど向上しており、経済的にも環境的にも配慮されているためハイブリッドやEVカーに続くエコカーとしての地位を確立しています。

ダイハツのミライースも燃費の良さではセダン型軽自動車の中ではトップクラスですが、新型にフルモデルチェンジしたことで、先代でも好評だった燃費の良さは引き継がれているのでしょうか。気になるミライースの燃費を比べてみました。

FFモデル
旧型ミライース【X “SA” / X / L “SA” / L / G “SA” / D / 特別仕様車 X “リミテッドSA”】
35.2km/L

新型ミライース【G “SA III” / X “SA III”】
34.2km/L
特別仕様車【G “リミテッドSA III” / X “リミテッドSA III”】
34.2km/L
【L “SA III” / L / B “SA III” / B】
35.2km/L

4WDモデル
旧型ミライース【Xf “SA” / Xf / Lf “SA” / L f Gf “SA” / 特別仕様車 Xf “リミテッドSA”】
32.2km/L

新型ミライース【G “SA III” / X “SA III” / L “SA III” / L / B “SA III” / B】
32.2km/L
特別仕様車【G “リミテッドSA III” / X “リミテッドSA III”】
32.2km/L

※ JC08モード(燃費消費率)

先代と比較した場合、若干ですが下回っていることがわかります。また、ミライースはハイブリッドでもエネチャージでもないことを考えると欠点とは言えないかもしれません。

居住性が悪い?

ダイハツ ミライース 2017

フルモデルチェンジ時に新しいモノコックを採用し、後部座席の居住性が変わったことはコンパクトな軽自動車のミライースに大きなアドバンテージを与えました。確かに足元の余裕は素晴らしくよく考えられていますが、シートの座面が短く、また硬いため後席に座って長距離を走った場合は疲れが出るかもしれません。

また、頭上の圧迫感も大柄な男性が乗った場合は、常に意識する部分になることは避けられないでしょう。他にも、運転席、助手席側のシートはヘッドレストの一体型、後席は上位グレードのG以外はヘッドレストが標準装備されていないことが不満点として挙げられます。シートに関しては、クッションなどでの対策が必要になるかもしれません。

パワーが少し足りない

新型ミライース パワーフリー画像

ミライースのエンジンがあまりパワーを感じられないという意見も少なくありません。日常生活において問題がない走行性能も、時と場合によっては不満に思えるかもしれません。エンジンの種類は、BからGグレードのFFモデルと4WDモデルで共通です。

ダイハツ ミライース
水冷直列3気筒12バルブDOHC横置き
総排気量:658cc
最高出力:36kW[49PS]/6,800rpm
最大トルク:57Nm[5.8kgm]/5,200rpm

スズキ アルト
水冷4サイクル直列3気筒
総排気量:658cc
最高出力:38kW[52PS]/6,500rpm
最大トルク:63Nm[6.4kgm]/4,000rpm

と単純な比較では他車種と比べ、出力とトルクが若干低くなっています。パワーが欲しくなる高速走行や坂道走行でのパワー不足は、物足りなさを感じるのかもしれません。

価格が高い?

ダイハツ ミライース 2017

ミライースは低価格で性能が良いことで知られていますが、グレードによっては標準装備されていない物が多く、オプションなどすべて揃えると意外と高額になってしまいます。上位グレードのGであれば機能や装備の面でいたれりつくせりになりますが、やはり高額になってしまいます。

また、他のグレードでは装備が後付になったり搭載できない機能などがあり、それらを考慮した場合、取捨選択しなければばらないことがネックになります。後付けが少なく装備が充実しているグレードG、もしくは他のグレードで必要な装備のみ、または必要なものだけ後付けするスタイルが良いかもしれません。

新型ミライース

特別仕様車 G “リミテッドSA III”
FFモデル:124万8,500円 4WDモデル:137万2,800円 
北海道地区 FFモデル:124万8,500円 4WDモデル:137万2,800円

G “SA III” 
FFモデル:123万2,000円 4WDモデル:136万4,000円 
北海道地区 FFモデル:124万8,500円 4WDモデル:136万4,000円

特別仕様車 X “リミテッドSA III”
FFモデル:111万6,500円 4WDモデル:124万0,800円 
北海道地区 FFモデル:111万6,500円 4WDモデル:124万0,800円

X “SA III“ 
FFモデル:110万0,000円 4WDモデル:123万2,000円
北海道地区 FFモデル:111万6,500円 4WDモデル:123万2,000円

L “SA III“ 
FFモデル:95万7,000円 4WDモデル:108万9,000円
北海道地区 FFモデル:97万3,500円 4WDモデル:108万9,000円


FFモデル:89万1,000円 4WDモデル:102万3,000円
北海道地区 FFモデル:北海道地区 90万7,500円 4WDモデル:102万3,000円

B “SA III“
FFモデル:92万4,000円  4WDモデル:105万6,000円
北海道地区 FFモデル:94万0,500円 4WDモデル:105万6,000円

B
FFモデル:85万8,000円 4WDモデル:99万0,000円
北海道地区 FFモデル:87万4,500円 4WDモデル:99万0,000円

ダイハツ ミライースの気になる点をいくつか挙げましたが、どれも大きなデメリットに繋がるほどのものではないのではないでしょうか。アイデアや対策次第では解消でき、ミライースを有効活用できるでしょう。