【プロ解説】BMWといえばキドニーグリル?3シリーズのエクステリアを徹底解説!!

2019年3月、新型となって登場したBMW3シリーズ。新型3シリーズにはBMW伝統のスポーティで精密なプレス・ラインや、象徴的なキドニー・グリルなど40 年以上の伝統を継承しつつ、AIを活用した新開発のインテリジェント・パーソナル・アシストを初採用するなどライバルのメルセデス・ベンツCクラスなどと互角以上に渡り合える実力を備えつつ登場しました。今回は、外装、内装、安全装備、グレード別の違い、人気カラー、座席や荷室(ラゲージスペース)、オプション装備にライバル比較など、あらゆる視点からBMW3シリーズをひも解いていきます。*記事に登場する白い試乗車は、BMW 320d xDrive M Sportです。

文・写真/萩原 文博

Chapter
現行型BMW3シリーズのエクステリアをチェック!
BMW3シリーズは、AピラーからCピラー伸びやかなスタイリングを実現
BMWにとって”キドニーグリル”は命
待望のディーゼル登場!BMW 3シリーズ!320d Mスポーツは楽しいクルマに仕上がっているのか?自動パーキングアシストも試してみました!

現行型BMW3シリーズのエクステリアをチェック!

BMW 320d Mスポーツ 萩原文博

全長4715mm×全幅1825mm×全高1430mm(M Sport)ホールベース2850mm

2019年1月に日本へ導入された現行型3シリーズセダンは、スポーティさと洗練された美しさを併せ持つ新世代デザインを採用しました。ここでは、トランクリッドが短くなりクーペのようなスタイリッシュな外観デザインについて紹介します。 現行型3シリーズセダンのボディサイズは全長4715mm×全幅1825mm×全高1430mm(M Sport)となりトレッドは、フロントが43mm、リアが21mm拡大。さらにホールベースは先代より40mm延長され2850mmとなり、絶妙なボディバランスを実現しています。

BMW 320d Mスポーツ 萩原文博

また、約55kg軽量化しながら、剛性が向上したボディは重心が10cm低くなり、よりダイナミックな走行性能に磨きが掛かっています。 現行型3シリーズは、BMW伝統のスポーティで精密なプレス・ラインや象徴的なキドニー・グリルなど40年以上の伝統を継承しつつ、新世代のBMWデザイン・コンセプトを採用することにより、より洗練されたスタイルへと進化しています。すべのBMW車はEfficientDynamicsの理念に基づいてデザインされ、卓越したエアロダイアミクスを実現しています。

BMW3シリーズは、AピラーからCピラー伸びやかなスタイリングを実現

BMW 320d Mスポーツ 萩原文博

例えば、フラットなアンダー・ボディ、フロント・エプロンのエア・カーテンなどはエアロダイアミクスに貢献するように設計されており、優れた特性を実現。効率と燃料消費量に良い影響をもたらすだけでなく、高速走行中の車両安定性を向上させ、室内のノイズを低減させる効果を発揮します。

加えて、サイド・ウィンドウ後端部のホフマイスキー・キンクとして知られているピラー形状はCピラーに一体化されたデザインとなり、快適性や乗降性を維持しながらも、サイド・ウィンドウの流線形が強調され、伸びやかなスタイリングとなりました。 

BMWにとって”キドニーグリル”は命

BMW 320d Mスポーツ 萩原文博

また、BMWのアイコンであるキドニー・グリルは従来の2つに分割されたデザインから、1つのフレームで縁取られ、これまでより立体的な造形としました。これによって水平方向への広がりを表現するとともに、低重心でアグレッシブなデザインとなりました。

さらに、最先端の空力性能を実現させるために、キドニー・グリルには、アクティブ・エア・ストリームを採用。これは、エンジンやブレーキの冷却とために空気を取り入れる必要がないときはエア・ベントを備えたラジエターグリルを電動で閉じて、エンジン・ルームに流入する空気の量を調整します。この結果、エアロダナミクスと燃料消費量の両方を最適化することができるのです。 

BMW 320d Mスポーツ 萩原文博

キドニー・グリルから連続したヘッドライトは、下辺部の中央に鋭角な切り欠きをいれることで印象的なフロントマスクを演出しています。この異形のヘッドライトには、従来のLEDヘッドライトの約2倍に相当する最長500mまでの距離まで照射し、夜間の視認性を飛躍的に向上させるBMWレーザー・ライトを採用しています。また、ボディサイドまで延びワイド感を演出するリアコンビネーションランプはLEDテクノロジーを駆使した特徴てきなL字型テールライトを採用。夜間でもBMWであることを主張します。さらにクルマのドア周辺を白い光で照らし、乗員をエレガントに迎え入れるウェルカム・ライト・カーペットを採用しています。 

BMW 320d Mスポーツ 萩原文博

より流麗なスタイリングとなった現行型3シリーズセダンには、キドニー・グリルに採用されたアクティブ・エア・ストリームといった機能性を向上させるアイテムだけでなく、ウェルカム・ライト・カーペットなどのように上質感を演出するアイテムも充実しています。

待望のディーゼル登場!BMW 3シリーズ!320d Mスポーツは楽しいクルマに仕上がっているのか?自動パーキングアシストも試してみました!

2019年、7代目へと進化したG20型BMW 3シリーズ。日本ではガソリンエンジン車を先行で導入した後、ディーゼルエンジン車を導入しました。また、渋滞時ではとても便利なハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援システムや自動パーキングアシストなど先進の運転支援システムを搭載。一体、どんなクルマに仕上がっているのか?河西啓介がチェックします。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ