【プロ解説】自分だけのMINIに仕立てよう!MINIシリーズに用意されるオプションをクラブマンで徹底解説!

2019年10月、新型となって登場したMINICLUBMAN(クラブマン)。CLUBMAN(クラブマン)は、ファミリーのイメージを残しつつ、よりワイドに、よりブリティッシュになりました。今回は、外装、内装、安全装備、グレード別の違い、人気カラー、座席や荷室(ラゲージスペース)、オプション装備にライバル比較など、あらゆる視点からMINICLUBMAN(クラブマン)をひも解いていきます。*記事中に登場する撮影車は、MINI(ミニ) ジョンクーパーワークス クラブマンです。

文・鈴木ケンイチ/写真・萩原文博
 

Chapter
MINIシリーズにはMINIの上質さをプラスするMINI Yours Styleが選べる
MINIシリーズに用意される充実のオプション・パッケージたち
MINをアナタらしい個性豊かな1台を作り上げる為に必要な個別オプションの数々が揃う
クラブマン史上最強スペック!MINI JCW CLUBMANを徹底チェック!

MINIシリーズにはMINIの上質さをプラスするMINI Yours Styleが選べる

MINI ジョンクーパーワークス クラブマン 萩原文博

2019年10月のビッグマイナーチェンジにて、MINIクラブマンに新たに追加されたのがMINI Yours Styleというオプション・プログラムです。カタログには「選び抜かれた素材、こだわり抜いた製法、そして洗練されたデザイン」とあるように、MINIクラブマンをワンランク上のクオリティに高めてくれるオプション・パッケージと言えるでしょう。

MINI ジョンクーパーワークス クラブマン 萩原文博

ステアリングやシートには、滑らかで上質なレザーが用いられ、クルマに乗るたびに特別感が味わえることでしょう。また、18インチの専用アルミホイールやシートのヘッドレストなど、ユニオンジャックをモチーフとしたデザインがあちらこちらにうかがえることも特徴です。MINIクーパークラブマンとクーパーD向けは56万8000円、クーパーSとクーパーSD、そしてクーパーS ALL4用が54万円となります。

MINIシリーズに用意される充実のオプション・パッケージたち

MINI CLUBMAN

特別なパッケージだけでなく、MINIクラブマンには通常のオプション・パッケージも複数が用意されています。運転支援となるのがPEPPERパッケージです。リア・ビューカメラ、フロント&リアPDC(パーク・ディスタンス・コントロール)、パーキングアシストパッケージ、自動幻惑ドアミラーなどがセットになったもの。

クーパーSとクーパーSD、クーパーS ALL4向けが価格は14万2000円。クーパーとクーパーD向けにはMINIドライビングモードが追加されて、17万5000円となります。

ONEとケンジントンにはリア・ビューカメラ、フロント&リアPDC(パーク・ディスタンス・コントロール)をセットにしたCAMERAパッケージが用意されます。価格は10万7000円です。

MINI COOPER S CLUBMAN

インテリアの質感を高めるのがレザーシート・パッケージです。クロスパンチ/カーボンブラック、チェスター/サテライト・グレー、チェスター/モルト・ブラウンの3種類が用意されます。シート自体は、シート・ヒーター、電動メモリー機能付きの電動スポーツシートになります。価格はクーパーとクーパーDで39万9000円、クーパーSとクーパーSD、クーパーS ALL4向けが36万6000円となります。

ONEにはCOOLパッケージが用意されています。これはシルバーの17インチ・ベント・スポークホイールとクローム・ライン・エクステリアがセットになって11万8000円となります。

MINをアナタらしい個性豊かな1台を作り上げる為に必要な個別オプションの数々が揃う

MINI CLUBMAN

MINIクラブマンのオプションは、セットになっていないものも数多く存在します。代表的なのは4種類の17~18インチのアルミホイールでしょう。また、LEDヘッドライト/ダイライト・リングをはじめ、クローム・ライン・エクステリア、ピアノブラック・エクステリア、ルーフレール、電動パノラマ・ガラス・サンルーフ、シート・ヒーターなどが個別に用意されています。

MINI ジョンクーパーワークス クラブマン 萩原文博

また、インテリア・サーフェースのカラーを変えたり、サテライト・グレーにインテリアのカラーを変えるオプションも用意されており、自分好みのカラーコーディネートが楽しめるようになっています。

機能的なオプションで注目は、ヘッド・アップ・ディスプレイとアダプティブ・サスペンションです。MINIファミリーならではのスポーティな走りを、より高い次元に押し上げるアイテムとなります。また、12スピーカー&410Wアンプを組み合わせるHarman/KardonのHIFIラウンド・スピーカー・システムも魅力的なオプション。音楽好きにはぜひともショッピングリストの上位に考えておくことをお勧めします。

安心を高めたいという人には、防犯に効果的なアラーム・システムのオプションがおすすめです。また、人間のオペレーターに電話がつながるMINIドライバー・サポート・デスク(3年間)のオプションも安心・便利なカーライフに欠かせません。

オプションを使って、デザインや機能を組み合わせることで、自分だけのMINIクラブマンを作り上げることができるようになっているのです。

クラブマン史上最強スペック!MINI JCW CLUBMANを徹底チェック!

2013年に第三世代となったミニ・クラブマン。その中でも歴代最強とされる、ジョンクーパーワークスが登場し、直列4気筒、2リッターエンジンで、最高出力306PS、最大トルク450Nmというスペックを誇るエンジンを搭載しています。このエンジンは、先日紹介したBMW M135i xDriveと同スペックになります。さらに、プラットフォームもBMW1シリーズと同じであるこのクラブマンは、果たしてどんな走りを見せるのか?また違いは?河西啓介が迫ります。

鈴木 ケンイチ

モータージャーナリスト。新車紹介から人物取材、メカニカルなレポートまで幅広く対応。最近は新技術や環境関係に注目。年間3~4回の海外モーターショー取材を実施。レース経験あり。毎月1回のSA/PAの食べ歩き取材を10年ほど継続中。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員 自動車技術会会員 環境社会検定試験(ECO検定)

鈴木 ケンイチ