【プロ解説】現行型BMW3シリーズには最新の先進機能を装備! 3シリーズの内装(インテリア)を徹底解説!!

2019年3月、新型となって登場したBMW3シリーズ。新型3シリーズにはBMW伝統のスポーティで精密なプレス・ラインや、象徴的なキドニー・グリルなど40 年以上の伝統を継承しつつ、AIを活用した新開発のインテリジェント・パーソナル・アシストを初採用するなどライバルのメルセデス・ベンツCクラスなどと互角以上に渡り合える実力を備えつつ登場しました。今回は、外装、内装、安全装備、グレード別の違い、人気カラー、座席や荷室(ラゲージスペース)、オプション装備にライバル比較など、あらゆる視点からBMW3シリーズをひも解いていきます。*記事に登場する白い試乗車は、BMW 320d xDrive M Sportです。

文・鈴木ケンイチ/写真・萩原文博

Chapter
現行型BMW3シリーズのインテリアをチェック!
現行型BMW3シリーズのシートはロングドライブでも疲れない設計を採用
花粉も防ぐ?!快適な室内空間を保つ3ゾーン・オートマチック・エア・コンディショナーを採用
待望のディーゼル登場!BMW 3シリーズ!320d Mスポーツは楽しいクルマに仕上がっているのか?自動パーキングアシストも試してみました!
BMW 320d Mスポーツ 萩原文博

現行型BMW3シリーズのインテリアをチェック!

BMW 320d Mスポーツ 萩原文博

現行型BMW3シリーズセダンのインテリアで最も目を引くのが、2つの大きなディスプレイです。これは、BMWライブ・コクピットと呼ばれるもので、ナビゲーション・システムが組み込まれたこのネットワークは、タッチパネル機能付きの10.25インチのインフォメーション・ディスプレイ。そしてデジタル表示の12.3インチ・メーター・パネルで構成され、様々な情報がわかりやすく表示されます。

BMW 320d Mスポーツ 萩原文博
BMW 320d Mスポーツ 萩原文博

この最新のネットワークはBMWオペレーション・システム7.0によって操作の手段をドライバーの好みに合わせて設定できるため、AIを活用した新開発の音声入力システム、BMWインテリジェント・パーソナル。アシスタントをはじめ、タッチ・スクリーン、iDriveコントローラーを利用して、より直観的な操作が可能になっています。センターコンソールにはワイヤレス・チャージングを配置しています。汎用性のあるワイヤレス充電ソケットのほか、Bluetooth、USBインターフェイスなど多彩な機能を提供してくれます。

BMW 320d Mスポーツ 萩原文博

現行型BMW3シリーズのシートはロングドライブでも疲れない設計を採用

BMW 320d Mスポーツ 萩原文博
BMW 320d Mスポーツ 萩原文博
BMW 320d Mスポーツ 萩原文博

フロントシートは運転席&助手席ともにシートの前後、角度、高さ、バックレストの角度調整を電動で行える電動フロントシートを採用。これによって自分にあった快適なシート・ポジションを設定することが可能で、さらに運転席はシートメモリー機能を備えています。シート表皮はスタンダードモデルがファブリックですが、 M Sportはアルカンタラ/センサテック・コンビネーションシートが標準装備されます。試乗したモデルはオプション設定のヴァーネスカ・レザーシートが装着され、ドライバーの体を優しく包み込んでくれるので、ロングドライブでも疲れにくいのが特徴です。

BMW 320d Mスポーツ 萩原文博

40:20:40の3分割可倒式のリアシートは、スルーローディング・システムを採用。搭載する荷物の量によって分割されたバックレストを倒して使えるので、多様なニーズに対応してくれます。センター部分だけを倒してスキー板やスノーボードを積み込んでも4人乗車が可能です。

花粉も防ぐ?!快適な室内空間を保つ3ゾーン・オートマチック・エア・コンディショナーを採用

BMW 320d Mスポーツ 萩原文博

480Lの容量を実現したトランク・ルームは前面にファブリック処理がほどこされ、荷物に傷が付くのを防いでくれます。また、夜間の荷物の積み降ろし時に役立つ便利な証明が付いています。 

BMW 320d Mスポーツ 萩原文博

室内空間を常に快適にしてくれる3ゾーン・オートマチック・エア・コンディショナーを装備。室内を素早く設定温度に調整し、自動的に室内温度の維持と風量調整を行う空調システムです。助手席、運転席、リアシートを個別に温度設定する3ゾーンコントロールを採用。さらに花粉や粉塵などの侵入を防ぐマイクロフィルター、一定以上の大気中の有害物質を感知すると自動的に内気循環モードに切り替えるAUCを装備しています。

BMW 320d Mスポーツ 萩原文博

試乗したBMW320d xDrive M Sportには、直接証明と間接照明を組み合わせて、寛ぎに満ちたインテリアの雰囲気を生み出すアンビエントライトが装備されています。インストルメントパネル、ドアトリム、センターコンソールには、ホワイト、ブルー、オレンジ、ブロンズ、ライラック、グリーンの6色で、11パターンのデザインを用意。気分に合わせて、ライト・デザインを選ぶことができます。 現行型3シリーズのインテリアは最新のデジタルテクノロジーを駆使しつつ、シートや内装に使用される素材によって温かみを感じられる演出も施された落ち着いた空間となっています。

待望のディーゼル登場!BMW 3シリーズ!320d Mスポーツは楽しいクルマに仕上がっているのか?自動パーキングアシストも試してみました!

2019年、7代目へと進化したG20型BMW 3シリーズ。日本ではガソリンエンジン車を先行で導入した後、ディーゼルエンジン車を導入しました。また、渋滞時ではとても便利なハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援システムや自動パーキングアシストなど先進の運転支援システムを搭載。一体、どんなクルマに仕上がっているのか?河西啓介がチェックします。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ