日産 デイズの特別仕様車を一挙紹介

日産は2019年3月にデイズを6年ぶりにフルモデルチェンジし発売を開始しました。デイズは、初代の発売から累計販売台数約43万台を記録した日産の人気車種の一つです。今回のフルモデルチェンジでは、軽自動車初となるプロパイロットの搭載や新開発プラットフォームの採用に加えて、エクステリアとインテリアのデザインを大きく更新。

そのデザインは2019年度グッドデザイン賞を受賞したほどです。そんなデイズには独自の特別装備を持つ「ボレロ」が設定されています。今回はそのボレロを紹介していきます。

文・PBKK

Chapter
日産デイズはどんなクルマ?
細部までこだわったエクステリア
優しく可愛らしい印象を与えるインテリア

日産デイズはどんなクルマ?

新型デイズの発表

ボレロの特徴を述べる前に、まずは新デイズについておさらいしましょう。

今回のフルモデルチェンジを経て、ダイナミックなエクステリアと上質感漂うインテリアデザインをはじめ、軽自動車初となるプロパイロットとSOSコール搭載、新開発プラットフォームと新パワートレインの採用など、まさに日産の技術を詰め込んだ一台となりました。

エクステリアは軽自動車を超えた躍動感あふれるデザインに。スポーティモデルのハイウェイスターには、フロントグリルにクリスタルカットグリルや3Dメッシュグリルを配したほか、日産車のアイコンともいえるVモーショングリルを採用することで、街中で目を引くような存在感を表現しています。

インテリアデザインはどうでしょうか。一歩車内に足を踏み入れると上質感漂う空間でありながら同時に居心地の良さを感じます。運転席に座ると目に入る2段構成のインストルメントパネルや直感的に操作できるエアコンスイッチなど先進性かつ一体感のあるデザインが理由なのかもしれません。

日産デイズ

次に今回のフルモデルチェンジで追加された、軽自動車初のプロパイロットとSOSコールについて深堀りしていきましょう。プロパイロットとは、走行を自動運転によってサポートする日産の先進技術。渋滞走行と長時間の巡航走行の2大ストレスシーンにおいて、アクセルとブレーキ、ステアリングをクルマ側が制御しドライバーの披露を軽減します。

SOSコールは運転席のサンバイザー横に設置。ボタンを押す手動方式と事故時にエアバッグが作動した際に自動的に通報する2種類の通信方法があります。最後に、新開発プラットフォームと新パワートレインに注目していきます。

新開発プラットフォームを採用することでパワーに加えて燃費の向上も実現しました。その秘訣は新開発エンジンと新開発CVT、リチウムイオンバッテリーを搭載したスマートシンプルハイブリッドにあります。また、新パワートレインで広いキャビンスペースとラゲッジスペースを確保。運転性能と居住性も新デイズの強みとなりそうです。

次ページ
ボレロの特徴は?