日産 デイズの欠点(デメリット)は?

日産は2019年3月にデイズをフルモデルチェンジし、発売を開始しました。新型には軽自動車初となる、プロパイロットやSOSコールなど日産の先進技術がふんだんに詰まった一台となっています。2013年の初代モデルの発売以来、累計43万台を売り上げてきましたが、そんな大人気の日産 デイズにも気になる欠点が…今回はその欠点を紹介します。

文・PBKK

Chapter
グレードによってプロパイロットが搭載されていない
後席(リアシート)の可動が左右一体型
エアコンの操作に苦戦

グレードによってプロパイロットが搭載されていない

新型デイズには軽自動車初となるプロパイロットの搭載が実現しました。プロパイロットとは高速道路の同じ車線での走行を自動運転によってサポートする日産が開発した先進技術。しかしグレードによっては、プロパイロットが搭載されていません。

新型デイズに搭載される先進技術は次の通りです。
・プロパイロット
・SOSコール
・ヒルスタートアシスト
・インテリジェントアラウンドビューモニター
・ハイビームアシスト
・インテリジェントオートライトシステム
・踏み間違い衝突防止アシスト
・インテリジェントエマージェンシーブレーキ
・インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)

次のグレードには全て先進技術が搭載されています。
・ハイウェイスターG ターボ プロパイロットエディション
・ハイウェイスターX プロパイロットエディション
・ハイウェイスターG ターボ
・ハイウェイスターX

上記以外の「X」グレードにはプロパイロットが搭載されていません。さらに「S」グレードにはプロパイロットとインテリジェントアラウンドビューモニターが未搭載です。軽自動車初となるプロパイロット搭載車となりましたが、グレードによっては未搭載なので注意が必要です。

次ページ
内装にも欠点あり?