日産 デイズの荷室の広さはどれぐらい?

日産は、2019年3月にデイズを6年ぶりにフルモデルチェンジしました。利便性の高さから日常の足がわりとしてのセカンドカーではなく、ファーストカーとして扱われるように変わってきました。また先代と比べて、荷室が広くなったことにより更に積載量が向上しました。今回は新型デイズの荷室の広さをご紹介します。

文・PBKK

Chapter
荷室の大きさ
荷室が広くなりました
荷室に積み込む前に

荷室の大きさ

新型日産デイズ 荷室画像

新型のデイズの荷室の大きさはどのくらいでしょうか。具体的な数値をご紹介します。

通常時(4人乗車可能時)
荷室高:880mm
荷室長:365mm
荷室幅:875mm

通常時でも広いことがわかります。

後席最前端位置時(シートを前席側へ最大に押し出した場合)
荷室高:880mm
荷室長:540mm
荷室幅:875mm

荷室長が500mm以上あれば、かなり大きなものでも入れることができます。

荷室が広くなりました

デイズ 内装

日産デイズのバックドアを開けると、まず広い荷室が目に入ってきます。先代より荷室の奥行きが135mm広げられ、奥行きの長さは通常時で365mmになり、4人分の荷物が入るスペースが確保されました。

また、後席シート背もたれ上部の中央についているレバーを上げ、後席全体をを前方にスライドさせることができます。後席をスライドさせたことで更に奥行きが広くなり、積載量が一段と向上します。荷物ならスーツケースや大きめの旅行かばん、チャイルドシートや折りたたみみ式のA型ベビーカーなどを置くことができます。

左右後席シートの背もたれ外側についているレバーは、背もたれを折りたたんだり、背もたれの角度を調節する際にレバーを引きます。アンダーラゲッジも十分な広さがあり、自動車用の工具や子供のおもちゃ、洗車の道具などを収納することができるようになっています。

荷室に積み込む前に

日産新型デイズ キー画像

新型デイズのバックドアには便利な機能がついています。デイズはインテリジェントキーを携帯するだけでドアの施錠・解錠やエンジンの始動操作ができます。このキーを使うことによって簡単にバックドアを開けることができ、荷物の積み込みに役立ちます。

インテリジェントキー付車
施錠されている場合は、キーを携帯したまま、バックドアに記されているオープナースイッチマークの下にあるバックドアオープナーを押しながらバックドアを持ち上げて開くことができます。解錠されている場合は、バックドアに記されているオープナースイッチマークの下にあるバックドアオープナーを押しながらバックドアを持ち上げます。

リモートコントロールエントリーシステム付車
解錠後、バックドアオープナーを押しながらバックドアを持ち上げてます。ドアの開閉方法も選択できる機能は助かります。

荷室の積載量が向上したことにより、日常の買い物や道具、または旅行の荷物などを積めるデイズがあれば活動の場がますます広がりそうです。