日産 デイズの後部座席(リアシート)の使い勝手は?

日産は2019年3月に、6年ぶりとなる新型デイズが発売を開始しました。軽自動車初となるプロパイロットを搭載し、従来より安全性が向上。エクステリアは躍動感あふれるデザインに変更されました。中でも後部座席の足元空間は軽自動車と思えない広さを実現しています。今回は快適性の向上に一役買っている後部座席の使い勝手について紹介します。

文・PBKK

Chapter
後部座席の広さ
シートの生地は馴染深いトリコット
後席のシートアレンジはいかに

後部座席の広さ

新型デイズの発表

新型デイズの後部座席の空間は軽自動車の中でも群を抜きます。

新型デイズの室内寸法は次の通りです。
長さ:2,065 mm
幅:1,340 mm
高さ:1,270 mm

後部座席自体の大きさ
長さ:535mm
幅:1,290 mm
高さ:980mm

成人男性二人が座っても余裕であることがわかります。後部座席の足元空間に関しては先代と比べて70mm拡大し、日産によると「大型セダンのフーガ並み」とのことです。
足を組んで座ってもまだ余裕があり、フロア部に段差がないため、視界による窮屈さを感じることもありません。さらに大人でも膝を曲げず、子供には高すぎない着座位置となっているため、負担を感じずに乗り降りができます。

シートの生地は馴染深いトリコット

新型デイズの後部座席

座席の生地には弾力・伸縮性が強みであるトリコットを採用しています。トリコットは靴下や下着などのストレッチ素材に採用されることが多く、普段から馴染み深い生地。新型デイズにはそのトリコットを採用することにより、馴染み深さから座っているだけでリラックスするような感覚を誘います。

座席の配色とデザインはグレードによって異なり、S/Xにはアイボリーを基調にヘッドレストがブラウン。ハイウェイスターはエボリーとネイビーの市松模様です。さらに、メーカーオプションのプレミアムコンビネーションインテリアも選ぶことができます。

次ページ
後席のシートアレンジは?