世界最速のクルマランキング!1位はやはりあのクルマ…

国内国外問わず、映画やドラマ、そしてアニメなどで驚異的な速さで走るクルマを見掛けることがあります。そんな印象的な映像を見ると、「一番速いクルマってどのくらいの速度で走れるのか」と興味を持つ方もいらっしゃると思います。そこで今回は2020年1月時点で、世界でも指折りの速さを誇るクルマを5車種を紹介していきます。

文・PBKK

Chapter
ヨーロッパ勢が複数ランキング入り
上位ランキング車は435km超え!
世界最高速車第一位は!?

ヨーロッパ勢が複数ランキング入り

第5位 AGERA One : 1
AGERA One : 1は、スウェーデン発のスーパーカーなどを製造するメーカー、ケーニグセグ・オートモーティブが発売しているスーパーカーです。ケーニグセグ・オートモーティブは1994年、クリスチャン・フォン・ケーニグセグが若干22歳の時に創業した高性能自動車製造会社です。

AGERAの中でも上位に位置するAGERA One : 1は、ケーニグセグ・オートモーティブが世界でもわずか6台しか生産しておらず、AGERA創業20周年を記念したモデルというだけあって、随所にこだわりを感じさせます。

出力は最大1360馬力と、クルマとは思えない力強さです。最高時速は時速430km/hで、1メガワットを超える出力を誇ることから「メガ・カー」とも呼ばれています。

第4位 ブガッティ・ヴェイロン 16.4 スーパースポーツ
ブガッティ・ヴェイロン 16.4 スーパースポーツは、1909年にフランスに設立された自動車メーカー ブガッティ・オトモビルが製造したスーパーカーです。2015年までに300台が限定販売されていましたが、現在は販売終了しています。

最高時速は時速431.072km/hで、2010年にギネス世界新記録を達成しています。ちなみに2005年にも時速407kmと、世界最高記録をマークしています。未来感あふれる流線型のボディが特徴的な1台となっています。

上位ランキング車は435km超え!

第3位 ヘネシーヴェノム GT
アメリカのテキサスで1991年に設立されたチューニングメーカー、ヘネシー・パフォーマンスが製造したスーパーカーです。チューニングメーカーなのでベースとなるクルマを改造し、速度の出るクルマを開発するスキルに優れています。

ヘネシーヴェノム GTはこれまでに12台製造され、2014年2月には最高時速435.3km/hを叩き出しましたが、ギネスの出す条件を満たすことができず、ギネス記録には認定されませんでした。現在、ヘネシーヴェノムGTは生産を終了しており、後継モデルのヘネシーヴェノム F5が登場しています。

第2位 AGERA RS
AGERA RSは、ケーニグセグ・オートモーティブのAGERA Rをベースにさらに高性能化を施したモデルです。2017年11月4日に、アメリカのネバダ州で記録した最高速度は447kmを記録し、当時最も速い量産車でした。

AGERA RSは、サーキットに軸足を置いたモデルとされていますが、日常でも苦なくドライブできる仕様になっており、AGERA One : 1の開発過程で得た先進技術を用いつつも、AGERA SやRなどのモデル同様に実用性も同時に確保されています。AGERA RSは、1台1台ハンドメイドで25台生産され、発表当時ですでに10台売約済みになるほど人気がありました。

世界最高速車第一位は!?

第1位 ブガッティ シロン スーパースポーツ 300+
ブガッティ シロン スーパースポーツ 300+は、フランスのブガッティとイタリアのダラーラが「シロンロングテール」として共同開発された実験車が、市販化されたモデルです。

気流を最適化するため余計なパーツを廃止して、エキゾーストシステムを工夫するなど速さを追求したモデルになっています。最高時速は約490kmで、現在のギネス記録を保持しています。ブガッティ シロン スーパースポーツ 300+は30台の限定生産モデルで価格は350万ユーロで日本円に換算すると、なんと約4億2500万円とのことです。

今回ご紹介した5種類のクルマたちは、値段があまりにも高額なため購入できる方は限られてしまいますが、購入するしないに関わらず速いクルマにあこがれや興味をもたれる方も多いと思います。今後、ブガッティ シロン スーパースポーツ 300+を超える速さのクルマがいつ登場するのか、注目したいところです。