ダイハツ ウェイクの荷室は広さはどれくらい?

ダイハツウェイク

軽スーパーハイトワゴンの中で、遊び心のある装備がたっぷり詰められているのがダイハツのウェイクです。同社のスーパーハイトワゴンであるタントをベースに、アウトドアに特化したさまざまな魅力を装備し2014年11月に登場しました。車高が高く設計されており、車内で着替えなどを済ませられるほどの広い室内を実現しています。

また収納する荷物の多さに対応するシートアレンジも人気の理由の1つです。アウトドアユーザーにはおすすめのダイハツ ウェイクですが、実際の荷室の広さはどのくらいなのでしょうか?今回はダイハツ ウェイクの荷室の広さを解説していきます。

文・PBKK

荷物を積み込むときに便利な装備が満載!

撥水加工シート
ダイハツ ウェイクは実に多彩なシートアレンジが用意されていますが、そこで懸念されるのが室内の汚れです。さまざまな荷物が収納できる分、シートが汚れやすくなるのでは?と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。ダイハツ ウェイクのシート表皮は撥水加工シートを採用しているため、水を弾き汚れにくくするといった工夫がされています。さらに後部座席の荷室側は防水仕様となっているため、濡れた荷物も安心して積み込むことができるのです。

低床フロア
ダイハツ ウェイクの乗降フロアは365mmとなっています。フロアが低く設計されているため、子供の乗り降りも簡単です。低床フロアは荷室にも及んでおり、荷室フロア高は595mmとなっています。そのため、腰に負担をかけることなく荷物を積み込むことができます。ちょっとしたことですが、さり気ないところにも気が配られており、日常の動作がスムーズに行えます。アウトドアの際には荷室のドアを開けて座るなど遊び心も備えています。ぜひ好みに合わせて、さまざまに使い方を見つけてみてください。

ダイハツ ウェイクは軽自動車トップクラスの室内空間を荷室として活用することができます。多彩なシートアレンジを装備し、さらに荷物を積み込みやすくするための快適装備も十分に備わっています。ぜひ試乗などでダイハツウェイクの変幻自在の荷室を確かめてみてください。