スズキ ワゴンRスティングレーの欠点は?

軽ハイトワゴンの先駆けとも言えるワゴンR。その上位モデルであるワゴンRスティングレーは、軽自動車でありながら広々とした室内空間と使いやすさが大きな特徴です。若者をターゲットとしたスポーティなボディデザイン、ファミリーに嬉しい開放的な室内空間など多彩な魅力を持ち合わせています。

そんな幅広い層からの人気を集めるワゴンRスティングレーですが、魅力的な長所と同時に欠点も存在します。2017年にモデルチェンジが行われているワゴンRスティングレーですがどのような改善点があるのでしょうか?今回はワゴンRスティングレーの欠点について解説していきます。

文・PBKK

Chapter
センターメーターが使いにくい?
先代モデルと燃費に差はない?
価格が高い?

センターメーターが使いにくい?

ワゴンRスティングレー

ワゴンRスティングレーのセンターメーターは水平基調のワイドなインパネに沿って装備されています。デザイン性のアップはもちろん、視認性の向上効果が期待されています。しかしそのセンターメーターが使いにくいのでは?と一部のユーザーに囁かれています。

エンジン回転数を含めた車速やガソリン残量などの情報を確認するにはメーターが必要ですが、メーターが中央部に配置されることで、運転席前方の配置に慣れていた方は見えにくいという声があります。オプションのヘッドアップディスプレイを装備することで、このセンターメーターの欠点はやわらぎます。

ヘッドアップディスプレイは車速やガソリン残量を含めた運転に必要な情報を運転席前方のドライバーが焦点を合わせやすい位置に表示されるのでセンターメータよりも視線移動が少なく済むでしょう。ただしガソリン回転数は表示されないので、ガソリン回転数のみメーターでの確認が必要です。

先代モデルと燃費に差はない?

ワゴンRスティングレー

ワゴンRスティングレーには、モーターがエンジンをアシストしてくれるマイルドハイブリッドが採用されています。そのため、アイドリングストップ時も静かに再発進するなど快適な乗り心地を実現しています。

しかしマイルドハイブリッドは先代モデルのSエネチャージと大差がないと言われています。確かに、エンジン始動時と加速時にモーターがアシストして燃料の消費を抑えるという点は先代モデルに搭載されていたS-エネチャージと変わりません。

ですが現行モデルは、モーターの出力向上やリチウムイオンバッテリーの容量が増したことにより、クリープ現象でのEV走行が可能となりました。そのため、発進時や減速時の燃費向上に貢献しています。最高燃費33.4km/L(JC08モード)を達成しているので軽自動車の中でもトップクラスの低燃費と言えるでしょう。

次ページ
価格が高い?