スズキ ワゴンRスティングレーの後部座席(リアシート)の使い勝手は?

ワゴンRスティングレー

※この記事には広告が含まれます

スズキのワゴンRスティングレーは初代モデルが2007年に発売され、直近では2017年2月にモデルチェンジを果たしました。ハイトワゴンの先駆けとも言えるワゴンRをベースに、よりスタイリッシュなエクステリアと上質なインテリアをもつワゴンRスティングレーはその広々とした室内空間が魅力です。

今回はワゴンRスティングレーの後部座席の使い勝手をご紹介していきます。

文・PBKK
Chapter
ワゴンRスティングレーの室内寸法
ワゴンRスティングレーの後部座席について①|自由自在なシートアレンジ
ワゴンRスティングレーの後部座席について②|細部まで気の利く多彩な収納

ワゴンRスティングレーの室内寸法

ワゴンRスティングレーの室内寸法は、室内長2,450mm×室内幅1,355mm×室内高1,265mmとなっています。新プラットフォームの「ハーテクト」を採用することにより、軽自動車の中ではトップの室内長を実現しました。

前後席の間隔をしっかりと取り、脚を組んでも窮屈さを感じさせない奥行きのある室内空間です。天井と頭上の間隔であるヘッドクリアランスもたっぷりと確保され、定員である大人4名が乗車してもゆったりとくつろげます。軽自動車とは思えない広大な室内空間が高い居住性を生み出しています。

ワゴンRスティングレーの後部座席について①|自由自在なシートアレンジ

ワゴンRスティングレーの後部座席には豊富なシートアレンジが用意されています。左右独立型のシートにより、乗車した人それぞれの体格に合わせてスライドとリクライニングが可能です。さらに、自由自在なシートアレンジは乗車時の居住性を高めるだけではなく広大な収納スペースを確保するのにも役立ちます。

1人+長い荷物
助手席と後席両方を畳んで、サーフボードなどの長さのある物を収納
2人+大きな荷物
後席両方を畳んで、キャリーケースやゴルフバッグなどの大きな荷物を収納
3人+少量の荷物
後席片側を畳んで、荷室には入りきらない荷物を収納

上記のような乗車人数と荷物の大きさに応じて、さまざまなアレンジが可能です。またワゴンRは、長距離運転の休憩やアウトドアに最適なフルフラットのアレンジもできます。前後席をフルで畳むことによって、広々とした居住スペースが生まれます。

キャンプでの車中泊や、万が一の災害時にストレスを軽減しながら滞在できるので非常に便利です。さらに荷室開口部の寸法は、荷室開口幅1,165mm×荷室開口高840mmとなっており、開口部下を広くすることで荷物を積み込見やすい設計となっています。スライドや折り畳みが荷室側からワンタッチで簡単に操作可能なのもポイントです。

ワゴンRスティングレーの後部座席について②|細部まで気の利く多彩な収納

ワゴンRの後部座席には気の利く収納スペースがいたるところに設けられています。

助手席シートバックポケット
助手席の後ろ部分に設置されたポケットです。雑誌や絵本などを収納可能です。

リヤドアポケット
リヤドア両側に設置されたリヤドアポケットは2段階となっています。1段目のコンパクトなポケットには携帯やガムなどの小物を、奥行きのある2段目にはボックスティッシュなど比較的に大きめな物の収納に役立ちます。ペットボトルホルダー付きなのも魅力的です。

アンブレラホルダー
軽自動車初採用のアンブレラホルダーもリヤドア両側に設置されています。雨の日の乗車時は濡れた傘の置き場になかなか困りますが、アンブレラホルダーに収納すれば車内や服が濡れないので非常に便利です。また傘についた雨水は車外に排水される構造となっているので安心です。

ラゲッジアンダーボックス
荷室床下設置されたラゲッジアンダーボックスは、ベビーカーを立てたまま収納可能です。寝かして収納するなど場所をとりがちなベビーカーですが、車内に収納スペースを作らずとも、畳んでそのままスムーズに収納できるので手間がかからず便利です。
ワゴンRの魅力の1つである広大な室内空間を活かした収納は、アレンジ次第でさまざまな状況に対応します。大量の荷物を積み込むだけではなく、乗車した人のことを考えられた細やかな収納スペースが設けられています。ぜひワゴンRの後部座席を活かして、日々のドライブを楽しみましょう。

商品詳細