スズキ スペーシアカスタムの現行モデルとモデルチェンジ前の違い

スズキのスペーシアカスタムは、スペーシアをベースにしたドレスアップモデルです。軽自動車でありながら、高い居住性と安全装備を併せ持つ軽ハイトワゴンで、小さな子供を持つファミリーなど幅広い層に人気です。

初代のスペーシアカスタムはノーマルのスペーシアと共に「広くて便利、軽くて低燃費の軽ハイトワゴン」として2013年に発売が開始されました。しかし、走行性能や燃費の良さは評価されたものの、全高の低さによりクルマが小さく見えるなど、マーケットニーズに合わず、売れ行きが伸びなかったと言われています。

その後、スズキのスペーシアカスタムはフルモデルチェンジを果たし、2017年に発売を開始。さまざまな点が改良されたことにより、トップグループに入るほど着実に販売台数を伸ばしています。今回はそんなスペーシアカスタムの初代モデルと現行モデルの違いについでご紹介していきます。

文・PBKK

Chapter
洗練されたエクステリアとインテリアのデザイン
新プラットフォームの採用でさらに開放的となった室内
さらに強化された安全装備と快適装備
マイルドハイブリッドを搭載

洗練されたエクステリアとインテリアのデザイン

スペーシアカスタム

・エクステリアデザイン
初代のスペーシアカスタムは、やや大人しいシンプルなデザインで、コンパクトにまとまった印象でした。しかし現行のスペーシアカスタムは、エアロパーツを装備したことにより、精悍で存在感のあるフロントフェイスに仕上げられています。デザインコンセプトである「スーツケース」のように車体全体が丸四角のような形と押し出しを強調したことにより、初代モデルに比べ、立体感が生まれています。

・インテリアデザイン
初代のスペーシアカスタムは、インパネも軽自動車らしい野暮ったさがあり、それにより視界や車内に圧迫感がありました。現行のスペーシアカスタムは水面基調を採用したことにより広い視界を確保しています。また黒基調のデザインもスタイリッシュで、ブラックパールのカラーパネルにより高級感を演出。ステアリングとシフトレバーには本革を採用しレッドステッチが施されています。

メーターやエアコンルーバーなどの機能デザインにもこだわりを見せており、華やかなメッキ加飾やアクセントとなるシルバー加飾を散りばめることで、ラグジュアリーな空間をつくりあげています。

新プラットフォームの採用でさらに開放的となった室内

スペーシアカスタム

スペーシアカスタムの初代モデルと現行モデルの室内寸法は以下の通りです。

初代スペーシアカスタム室内寸法
・室内長2,215mm×室内幅1,320mm×室内高1,375mm
現行スペーシアカスタム室内寸法
・室内長2,215mm×室内幅1,345mm×室内高1,410mm

現行のスペーシアカスタムでは、新プラットフォームである「HEARTECT(ハーテクト)」を採用しています。これにより初代モデルと比べ、室内高は35mmも高くなり、前後席の距離間隔は10mm広げられ、室内幅も前席左右の距離が30mm広げられています。

また後席も、頭と天井の間距離であるヘッドクリアランスを45mm拡大し、圧迫感のないゆったりとした空間を実現しています。

次ページ
さらに強化された安全装備と快適装備