スズキ スペーシアカスタムの荷室の広さはどれくらい?

軽自動車でありながら、高い居住性と収納性を持ち合わせたスズキのスペーシアカスタム。ファミリーをはじめとする幅広い層に人気の軽スーパハイトワゴンです。今回はスペーシアカスタムの魅力の1つである充実した荷室の広さをご紹介していきます。

文・PBKK

Chapter
スズキ スペーシアカスタムの広い室内を大容量の収納スペースに
リヤシートの機能が充実
さらに自由自在のシートアレンジも

スズキ スペーシアカスタムの広い室内を大容量の収納スペースに

スペーシアカスタム

スペーシアカスタムの室内寸法は、全長2,155mm×全幅1,345mm×全高1,410mmで、天井は高く、前後座席や隣の人との距離間隔にもゆとりがあり、軽自動車にありがちな圧迫感を感じさせないつくりとなっています。

このようにスペーシアカスタムの広い室内空間は居住性が高く、まるで家で過ごしているみたいにゆったりくつろげるのが特徴ですが、このリラックス空間は大容量の収納スペースにもなります。

リヤシートの機能が充実

スペーシア リヤシート

ここからはスペーシアカスタムのリヤシートに装備された機能をご紹介していきます。

・左右独立リヤシートスライド
スライドドア側だけではなく荷室側から、簡単にスライドができる「左右独立リヤシート」を採用しており、わざわざスライドドアを開ける必要がありません。左右別々でシートスライドできるようになっているので、子供を乗せたベビーシートとの距離を縮めたり、乗る人の体格に合わせてシートの調節ができるので便利です。

・ワンタッチダブルフォールディング式リヤシート
ワンタッチの軽い力で畳める「ワンタッチダブルフォールディング式リヤシート」を採用しており、こちらも荷室側から畳むことができます。先代モデルでは、フラットにしたときに段差ができてしまうというのがマイナス点でしたが、現行モデルではその点が改良され、荷物の積みやすさや居住性のアップに繋がっています。

次ページ
さらに自由自在のシートアレンジも