スズキ スペーシアカスタムの後部座席(リアシート)の使い勝手は?

スズキのスペーシアと共にフルモデルチェンジを果たし、インテリアデザインと機能性をさらにアップし登場したスペーシアカスタム。スペーシアをベースに、存在感を高めた軽スーパーハイトワゴンです。今回はそんなスペーシアカスタムの使い勝手の良い後部座席をご紹介していきます。

文・PBKK

Chapter
スズキ スペーシアカスタムの室内寸法
スズキ スペーシアカスタムの後部座席に搭載された便利な機能
さらに居住性をアップさせる多彩な機能も

スズキ スペーシアカスタムの室内寸法

スペーシアカスタム

スペーシアカスタムの室内寸法は全長2,155mm×全幅1,345mm×全高1,410mmで、軽自動車とは思えないほどの広々とした室内空間が特徴です。スズキの新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を採用したことにより、前席と後席の距離が10mmも広げられています

また後席は、天井や前後左右にたっぷりとした余裕を持たせ、圧迫感を感じさせない構造となっています。

スズキ スペーシアカスタムの後部座席に搭載された便利な機能

スペーシアカスタム シートアレンジ

スペーシアカスタムの魅力は、解放的な室内空間だけではありません。

・独立型のシートスライド
ゆったりとくつろげるように設定された幅のある座席は、1人1人に合った調節ができる「左右独立リヤシートスライド」機能により、乗る人と荷物の大きさに合わせて、シートアレンジが可能です。

・ワンタッチ式のリヤシート
リヤドア側と荷室側のどちらからでも、ワンタッチで簡単に畳める「ワンタッチダブルフォールディングシート機能」を採用しています。座席を2つ畳むことにより、車中泊も可能なフルフラットも実現します。

・充実した収納スペース
大容量の収納だけではなく、スペーシアカスタムは、細かいところにも工夫された収納スペースが設けられています。

後席左右にある「パーソナルテーブル」は、折り畳み式のドリンクホルダー付きテーブルとなっています。これはノーマルのスペーシアにはない仕様で、スペーシアカスタム専用の装備です。さらに携帯を充電しながら収納できる「リヤクォーターポケット+アクセサリーソケット」も装備されています。

次ページ
さらに居住性をアップさせる多彩な機能も