気になるテレビや動画を見ながら運転、違反なの?罰金は?

クルマにカーナビが搭載されていたり、スマホやタブレットを持っているとついつい運転中でもテレビや動画が見たくなってしまうと思います。しかし、テレビや動画を見ながら運転することに関して、問題はないのでしょうか?

今回は、運転しながらテレビや動画を見るとどうなるのかについて解説していきます。

文・PBKK

Chapter
テレビや動画を見ながらの運転は禁止されている
2019年12月から罰則が強化される
自動運転では合法になる予定

テレビや動画を見ながらの運転は禁止されている

カーナビ1

テレビや動画を見ながら運転する行為は、ながら運転になります。そして、それらは法律で罰せられてしまいます。

道路交通法第71条では、「自動車を運転するときは停止時を除き、装置の操作やモニター画面の注視などを禁止する」としています。つまり、テレビを見ながらの運転は、道路交通法第71条に違反となります。

違反した場合、2019年10月時点では5万円以下の罰金が課されます。また反則金は…

普通車:6,000円
大型車:7,000円

となり、違反点数は1点となります。

さらに!ながら運転により事故など交通上危険が発生した際は、3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金が課されます。

次ページ
2019年12月から罰則が強化される