落雷発生!クルマには雷は落ちる?落ちない?

夏は特に雷がよく発生し、運転中に雷に遭遇すると思います。果たして雷が落ちたとき、車の中は安全なのでしょうか?今回は車に雷は落ちるのか、それとも落ちないのかも含めてそれを解説していきたいと思います。

Chapter
車に雷が落ちることもある
車に雷が落ちても大丈夫なのか
落雷時は周囲の状況に注意する

車に雷が落ちることもある

落雷1

雷というのは、一般的に高いところに落ちるとされています。避雷針を設けて周囲の被害を防ごうとするのもこの特性を利用しています。

しかし高いところに落ちるからといって、周囲のものに比べて比較的高さの低い車に雷が落ちないとは限りません。条件がそろっていれば、急に自分の運転している車に雷が落ちる可能性があります。

車に雷が落ちても大丈夫なのか

落雷2

落雷というのは非常に強いパワーを持っています。人間が浴びれば感電死する可能性もありますし、車に雷が落ちた場合も危険な気がします。しかし周囲に雷が落ちている場合は、かえって車内にいたほうが実は安全です。

車に雷が落ちた場合は、まずボディー外部に電流が伝わります。そしてタイヤがアースのような役割を果たし、地面に電流を逃がします。この際、車の中には電流が流れないので、車内の運転者や同乗者は影響を受けません。

また「近くで雷が鳴っているから、安全な建物を探そう」と急に車を出ると、かえって雷を浴びやすくなり最悪の場合、死に至る危険性もあります。落雷が周囲で発生している場合は、焦って外に出ないで車内待機しているほうが安全です。

ただしオープンカーで屋根が布製であれば落雷で人がダメージを受ける可能性もありますし、窓に近づきすぎると落雷で窓が割れた場合、飛散したガラスで大けがをする危険があるので注意してください。

ちなみにたとえ車内に影響がなくても、ETCなどの電子機器には電流が流れて故障したりしそうですが、車に雷が落ちても電子機器が故障する危険性は、ほとんどありません。ただし万が一ということもありますから、落雷を抜けた後は機器の状態をチェックしましょう。

次ページ
落雷時は周囲の状況に注意する