【試乗動画】トヨタ新型カローラ速攻試乗!3つのパワートレインを一気乗り!おススメのエンジンはこれだ!

トヨタ新型カローラがフルモデルチェンジされ12代目となりました。新型カローラには、1.2Lターボエンジン、1.8L ガソリンエンジン、1.8L ハイブリッドと3つのパワートレインがラインナップされ、ユーザーの期待に応えます。今回はこの3つのパワートレインを一気乗りしてそれぞれの魅力を感じてきました。

文/動画・room My hobby

Chapter
新型カローラの魅力ってなに?
新型カローラを試乗してどうだった?

新型カローラの魅力ってなに?

トヨタ新型カローラはフルモデルチェンジによりTNGAプラットフォームを活用しつつ、国内専用設計とすることでスポーティーなスタイリングと走る楽しさや取り回しの良さを両立させています。

また、自転車や夜間の歩行者検知が可能な最新の「トヨタセーフティセンス」を全車標準装備にして安全性能の強化を図りました。走りの面では、TNGAプラットフォームを採用することに加え、最適化されたサスペンションや内輪に制動力をかけコーナリングをアシストするACA制御を採用。

そして、ハイブリッド車とガソリンエンジンは1.5Lから1.8Lへと変更し、W×B(ダブルバイビー)に1.2Lターボエンジン+6MTが組み合わされ、MTユーザーへの配慮も忘れていません。

新型カローラはコネクティッドサービスにも力を入れ、国内トヨタ初となるディスプレイオーディオを全車標準装備としました。これにより、スマートフォンとの連携が可能となり、日常利用している地図アプリや音楽などをディスプレイで操作することが可能となりました。

しかし、このディスプレイオーディオを好まない方もいるでしょう。その様な方向けにエントリーナビキットまたはT-Connectナビキットの2種類が用意され選択することも可能です。新型カローラは安全性や走行面だけではなくコネクティッドサービスを充実させた魅力あるクルマに仕上がりました。

新型カローラを試乗してどうだった?

トヨタ新型カローラを試乗する前は「きっと大衆車の乗り味なんだろう」と特別期待するわけでもなく試乗開始となりました。しかし、いざクルマに乗り込み、走り出すと剛性感の高さや動的質感の高さに驚き「ワンランク上のクルマになっている」と思わせる程、静粛性や乗り心地が良く大変驚きました。

初めに私が試乗したモデルは、カローラツーリングW×Bの6MTモデルです。このグレードには1.2L ターボエンジンが搭載されMT車が減少している中で貴重な存在です。当初、積載物が多くなるカローラツーリングに1.2L ターボエンジンは非力ではないか?と思いましたが、いざ走り出すと力強さがあり走る楽しさを感じることができました。

次に試乗したのは、カローラG-Xの1.8Lガソリンモデルになります。このエンジンの基本設計は古いながら静粛性が高く、低回転のトルクの出が良いため発進加速が滑らかで好印象を持ちました。このエンジンはとても素直で扱いやく多くの方におススメできると思いました。

最後に試乗したのはカローラツーリングハイブリッドSです。このクルマはガソリン車に比べどっしりとした乗り味になりますが、ハイブリッドの力強さで軽快感があり、アクセルワークに対してリニアに反応します。ブレーキはハイブリッド特有の回生感が薄くダイレクト感があり良い印象を受けました。

しかし、静粛性が高いが故にクルマから発生する機械音が目立ち気になりました。

2019 カローラ

今回はメガウェブのクローズドコースでトヨタ新型カローラに搭載されるパワートレインを一気に乗り比べてみましたが、1.8Lガソリンエンジンの出来がよく、おススメできると思いました。

新型カローラのハイブリッドとガソリンエンジンでは約43万円の差が生まれガソリンエンジンのコスパの良さが光ります。新型カローラは国内専用設計となり欧州仕様に比べ迫力に欠けますが、このクルマの良さは乗ればわかりますので是非1度試乗してみてください。

次回は1日試乗を行い公道での試乗を行いたいですね!

room My hobby

めざせ日本最速配信カーチャンネル room My hobby
このチャンネルは「新車」「車のイベント関係」を主に配信しております。我々は実車動画の日本最速配信を目標に活動しておりまので、いち早く実車動画をご覧になりたい方は是非チャンネル登録をよろしくお願い致します。

room My hobby
Source:
www.youtube.com