トランスフォーム?個性的な開き方をするドアたち

一般的な車のドアを開ける方法はドアノブを横に引いて開くだけですが、スポーツカーのように羽を広げるみたいな開き方をする高級車も街中では見かけることがあります。

でも、世界にはもっと斬新でオシャレな開き方をする車も存在しています。

文・PBKK

Chapter
車のドアの開き方は何種類あるの?
ガルウィング
バタフライ
ファルコンウィング
シザードア
キャノピードア
ラプタードア
見かけたらラッキー?

車のドアの開き方は何種類あるの?

フェラーリ

メーカーに名称が異なるだけでなく、細かい機構などが異なるため、正確な数は不明です。

今回は代表的と言える6種類を紹介します。

ガルウィング

デロリアン

スーパーカー世代には憧れのガルウィング。跳ね上げるタイプのドアで映画にも登場した「デロリアン」が有名です。世界で初めて市販車に採用したのはメルセデスベンツ300SLと言われています。

スーパーカーに多く採用されている理由は、車体を軽量化しつつ強度が必要なためサイドシルが太くなり乗り降りの際に邪魔になってしまうため、上部の空間を開けることで乗りやすくすることが狙いです。

バタフライ

フェラーリ ラ・フェラーリ

前方に持ち上げながら開き、内張りが下向きに開くのが特徴です。正面から見たときに蝶々が羽を広げたように見えることから名づけられています。ドアの側面まで大きく見えるためインパクトは大です。

フェラーリやマクラーレンが有名で、スーパーカーといえばバタフライドアのイメージが浸透してきているようです。

ファルコンウィング

テスラ モデルX

テスラで採用しているタイプの開き方で、ファミリーカーを想定して作られています。

ガルウィングと似た構造ですがより複雑な開き方をし、スライドドアでは子供の乗り降りがしづらかった場面でもスムーズに乗車できます。

また、チャイルドシート設置時にはかがむことなく立ったまま赤ちゃんを載せることもでき、雨の日には開いたドアが傘の役割をしてくれと高評価を得ているようです。

次ページ
十車十色 個性的なドアの開き方