トンネルにまつわる怪談話

毎年夏になるとSNSでよく取り上げられるのが心霊スポットの話題です。現実離れした体験談が多くフィクションのように思われますが、中には現実に基づいた体験談も語られています。車で行ける心霊スポットとして有名なのが「小坪トンネル」と「清滝トンネル」です。今回はこの2つの心霊スポットについてご紹介します。

文・PBKK

Chapter
小坪トンネルの怪談話
清滝トンネルの怪談話

小坪トンネルの怪談話

トンネル 心霊

昔から有名な心霊スポットとして語り継がれており、テレビで放送されている心霊番組のネタ元にもなっていて、多くの人がなんらかの心霊現象を体験しています。

薄暗い古びたトンネルの上には火葬場があり、その近くには鎌倉時代のやぐらがあったり…霊が集まりやすい条件のようなものが揃っています。小坪トンネルではどのような心霊体験をしているのでしょうか。

・目の前を横切る影
車でトンネルの入り口に近づくと、白い塊が車の前を横切ることがあるそうです。その白い塊は宙に浮いており、車の中を通過していったと証言している人もいます。車を貫通していることから物理的な物体ではないのはあきらかです。

・フロントガラスに付いた手の跡
最も多くの人が体験しているのがこの現象です。トンネル内を走行しているとガラスを叩く音が聞こえることがあるそうです。その場は何事もなく通過し、トンネルを出た後に車から降りて確認してみるとフロントガラスに無数の手の跡が付いているそうです。

次ページ
まだまだある、トンネルにまつわる怪談話