クルマがリコール対象になった時の対処方法

愛車のリコールお知らせ通知が届いた経験はありますか?お知らせ通知には、どの部分がリコール対象になっているのか記載してはいるものの、重大なものではなければつい後回しにしがちです。リコールは重大なものから軽いものまで様々ですが、早めに対処しておくことが大切。

今回はリコール通知が届いた場合の対処方法をご紹介します。

文・PBKK

Chapter
そもそもリコールとは、一体なんなのか
リコールになったときの対処手順
リコールを放置しているとどうなる?

そもそもリコールとは、一体なんなのか

自動車整備 フリー画像

愛車がリコールの対象になった場合は必ずメーカーからの通知が来ます。車種によっては毎年のようにリコール通知が届くことも珍しくはないようです。初めてリコール通知が届いた方にとっては、「発火の恐れあり」「制御不能の恐れあり」などと記載されていたら不安になるのも仕方がありません。

まずは、リコールとは何なのかを理解しておく必要があります。リコール制度とは設計・製造過程で何らかの欠陥が見つかった場合、その欠陥部分をメーカーによって回収交換または修理を無償ですることです。

リコール届出は2つのパターンがあり、「自動車メーカー自らの判断により報告する場合」と「所有者が事故や不具合を国土交通省に報告し、メーカーに勧告・命令する場合」があります。どちらも保安基準に適合していなかったり、適合しなくなる恐れがある場合にリコール制度が適用されます。

リコールになったときの対処手順

電話

リコールは事前予約をしていなければ対応してもらえないため、きちんとした対処手順で進めていく事が大切です。

1.ハガキが届いたらまずはディーラーに電話する。
(車検証とリコール通知書を手元に用意)
2.お互いの都合に合わせて入庫日の日時を決める。
(部品注文が必要な作業は入荷次第)
3.作業時間が記載されているので代車が必要かどうかを決める。
(リコール内容によっては数時間~数日かかる)
4.リコール作業完了
(無償のため自己負担は無し)

これらの手順が一般的な流れとなります。もし、リコールの対象となった場合には、このような手順で対応しましょう。

次ページ
リコール対象のクルマ、放置したらどうなる?