記憶に残る、キャッチコピーにインパクトがあったクルマ3選

クルマのマーケティングといえば価格やデザインもさることながら、キャッチコピーが重要です。特に名車と呼ばれるクルマの多くには魅力的なキャッチコピーがつけられています。今回は、キャッチコピーにインパクトがあったクルマを3台ご紹介します。

文・PBKK

Chapter
〜天才タマゴ〜 トヨタ エスティマ
〜カッコインテグラ〜 ホンダ インテグラ
〜マー坊とでも呼んでくれ〜 スズキ マイティボーイ

〜天才タマゴ〜 トヨタ エスティマ

トヨタ エスティマ 初代

一度耳にしたら忘れることができない「天才タマゴ」というキャッチフレーズを冠するクルマが1990年に発売されたトヨタ エスティマです。フレーズの表すとおり、タマゴを連想させる未来型の丸みを帯びたフォルムは、先進的な機能面とも合わさり高性能ニューコンセプトサルーンとして注目を浴びました。

従来のワンボックスカーとは異なるエンジン配置により平床化に成功。世界に例を見ないアンダーフロア型ミッドシップレイアウトが採用されたことにより、「ミッドシップは室内が狭く実用性に欠ける」という常識を覆しました。

タマゴと称された初代から25年以上が経過し、現在では日本を代表する主力ミニバンの一台とさえ言われるまでの立派な親鳥へと成長しました。

〜カッコインテグラ〜 ホンダ インテグラ

インテグラ

「カッコインテグラ」の愛称でお馴染みのホンダ 2代目インテグラは1989年に発売されました。2ドアクーペと4ドアセダンモデルが設定され、4代目EF型シビックとサスペンションを共有しており、前後ともダブルウイッシュボーンへとなりました。そしてVTECエンジンを初めて搭載したモデルとして人気を博しました。

イメージキャラクターにマイケル・J・フォックスを起用すると、CM中のカッコインテグラというセリフが記憶に残っている方も多いことでしょう。また、近年は上皇明仁のプライベートカーとして注目が集まり、テレビやインターネットを中心に話題となりました。

次ページ
スズキのマー坊…?