レギュラー車にハイオク、入れるとどうなる?

レギュラーガソリンを普段入れている車にハイオクのガソリンを入れたらどうなるだろう?そんな疑問を感じたことはないでしょうか。普通のガソリンよりも高価なのだから、例えば遠出するときに入れてみたら燃費が向上するのではないか。

またはエンジンが少しくたびれてきているようだから、ハイオクを入れればキレイになるんじゃないか?など、素朴な疑問が浮かんできそうです。両者の違いを今一度おさらいしてみましょう。

文・PBKK

Chapter
レギュラーガソリンとハイオクガソリンの違いとは?
レギュラーガソリン車にハイオク燃料を入れるとどうなるのか?

レギュラーガソリンとハイオクガソリンの違いとは?

ガソリン

ガソリンスタンドに行くと基本的には3種類の給油装置があるはずです。一つはレギュラー、一つはハイオク、もう一つは軽油と書かれているはずです。軽油はガソリンとは異なるものであるため、ここでは割愛しますがレギュラーとハイオクにも明確な違いがあります。

まず簡単に違いを述べると、両者は「オクタン価」という値が異なる燃料なのです。オクタン価とは「ノッキング」という現象の起こりにくさを表しています。ノッキングとは、エンジンから「カンカン・キンキン」という金属を打ち付けるような異音が発生することです。

正常のエンジンではあまり発生しないもので、ノッキングといってもいくつか種類があるのですが、とりあえずエンジンにはあまりよくない現象と思っていて構いません。

ハイオクとは「ハイオクタン価」ということであって、オクタン価が高いガソリン、すなわちノッキングが起こりづらい燃料なのです。レギュラーガソリンと比較すると、ハイオクガソリンはオクタン価を高める処理がしてあるために割高となっているのです。

次ページ
レギュラーガソリン車にハイオク燃料を入れるとどうなるのか?