タイヤやバッテリー、オイルの交換するタイミングはいつ?

愛車のタイヤやバッテリー、オイルの交換は、どのタイミングでしていますか。安全運転するためにもタイヤやバッテリーなどのメンテナンスも大事です。チェックの仕方や交換の方法などを解説します。

文・PBKK

Chapter
タイヤ交換のチェックポイント
バッテリー交換のタイミング
オイルの交換のタイミング

タイヤ交換のチェックポイント

タイヤ フリー画像

タイヤの溝が1.6ミリ以下に磨り減ってきたら交換のサインです。また亀裂やヒビがある場合も交換しなければいけません。溝が減ってしまうとスリップしたり、亀裂やヒビが入ったまま走行してるとバースト(破裂)してしまう危険性があります。

タイヤの溝が1.6ミリ以下で走行するのは道路交通法違反にもなりますので、注意が必要です。

中古車を購入された方は、買い換える際に新しいタイヤに履き替えてると良いですが、以前のまま使ってると、意外と磨り減っていたということもあります。

タイヤメーカーが推奨してる交換の目安は4〜5年と言われていますが、走行距離によって変わってくるので、定期的にチェックすることをオススメします。

バッテリー交換のタイミング

バッテリー フリー画像

エンジンがかかりにくくなったり、電気系統の動作が遅くなったり、ヘッドライトの明るさが落ちてきたり、経過年数とともに消耗していきます。メーカーの保証期間はだいたい2〜3年です。とは言え、なかなか自分でバッテリー交換をしようというのは、ちょっと難しいですね。

普段ライトなどを付けっ放しにしたり、エアコンやオーディオなどもずっとつけてると消耗しやすくなります。上記にあるような動作を感じたら、整備してくれる工場やお店に相談してみましょう。

次ページ
オイルの交換のタイミング