サーキットを走りたい!でもどうすればいいの?

ドライバーの憧れとされるサーキットでの走行ですが、まず何をすれば良いのでしょうか?

Chapter
各サーキットで体験走行が開催されている
高速走行をするにはメンバーズクラブへ

各サーキットで体験走行が開催されている

サーキット走行

各サーキットごとに体験プログラムが用意されており、その内容は先導車を追従しながらコース走行をする「クルーズ走行」が基本です。開催時期や頻度などは各サーキットごとに異なるため、体験を検討しているコースのイベントカレンダーなどをチェックする必要があります。
体験にあたっての手続きや準備しなければならないものは特にない場合が多いです。例として、栃木県茂木町にある「ツインリンクもてぎ」のサーキットクルーズでは、持ち物は運転免許証とマイカーのみ。受付後、走行時の説明を受ければすぐに体験走行へ移ることができます。ペースカーに追従しコースを2週できるほか、レース時のようなカウントダウンスタートや、終了後の写真撮影なども用意されています。

走行料金は、軽自動車以上普通自動車以下で1台(乗車定員まで)あたり3,300円、バイクであれば排気量125cc以上で1台あたり2,700円です。

しかし、体験走行では実際にコースを走行した感触やコースを走行しているクルマからの景色を楽しむことが目的であることが多く、ほとんどの場合は高速での走行ができません。サーキットを猛スピードで爽快に走るには、どうすれば良いのでしょうか?

高速走行をするにはメンバーズクラブへ

サーキット走行

先ほど例にあげた「ツインリンクもてぎ」や三重県鈴鹿市にある「鈴鹿サーキット」では、メンバーズクラブへ入会するとサーキットでの高速走行が可能です。年会費や走行内容の詳細は各サーキットごとに異なりますが、単に高速走行できるだけでなく、プロドライバーによるドライビングレッスンやレース観戦の際の料金割引など会員特典も用意されています。

各サーキットとも、体験走行に加えてそれ以上のサーキット体験のラインナップが豊富。これを機にサーキットでのドライブを満喫してみてはいかがでしょうか。