どうすればいい?あおり運転されたときの対処法

近年センセーショナルな話題として取り上げられることが増えた「あおり運転」問題。被害に遭うことは絶対に避けたいところですが、運悪くトラブルに巻き込まれることもあるでしょう。今回は、あおり運転のトラブルに遭遇した際の対処法をご紹介します。

Chapter
運悪くあおり運転に遭遇してしまったら?
知っておきたい具体的な対処法
とにかく冷静に、そして厳正に

運悪くあおり運転に遭遇してしまったら?

無題

街中で、高速道路で、マナーを守って運転していたのにあおられて危険な思いをした…、そんな経験はないでしょうか。あおり運転は、ドライバーがいくら気をつけても理不尽な理由で遭遇してしまう可能性があります。そのようなシーンに遭遇した場合、ドライバーはどのような対処すればいいのでしょうか。JAFでは以下のような方法を紹介しています。

知っておきたい具体的な対処法

ドライブレコーダー

JAFでは、あおり運転に対して「走行中であれば駐車場などの安全な場所に避難し、ためらわず警察へ通報すること。高速道路の場合は近くのパーキングエリアやサービスエリアを利用する」という対処法を推奨。また、加害者側と一対一になることを避けるためにも、駐車する際には「できるだけ人目の多いところに停車する」としています。

そして最も重要なポイントが、相手の脅しや挑発にのらないことです。鍵や窓を開けると危険なトラブルに発展することが多いため、ドアをロックし、落ち着いて冷静に警察の到着を待つことが重要です。

さらにドライブレコーダーやスマートフォンを上手く活用することも効果的です。仮に相手が現場から逃げた場合や、万が一直接の被害を受けた場合も記録した映像が証拠となる場合が多くあります。

とにかく冷静に、そして厳正に

交通事故

あおり運転で最も避けたいポイントが、怪我や事故といったケースです。場合によっては最悪の事態につながることもある、あおり運転。もし遭遇することがあっても、とにかく冷静に、そして厳正な対処を行うことが大切です。